GPSが届かない場所でも使える屋内位置情報サービス「TAGCAST」 Bluetooth発信機の提供を7月1日(火)より一般受付スタート

@Press / 2014年7月1日 10時30分

「TAGCAST」(イメージ1)
 株式会社タグキャスト(本社:東京都千代田区、代表取締役:鳥居 暁、以下 タグキャスト)は、GPSが届かない場所でも使える屋内位置情報サービス「TAGCAST」のBluetooth発信機『TAGCASTビーコン』の一般受付を7月1日(火)に開始いたしました。「TAGCAST」は、iPhoneおよびAndroidの最新OSに対応しています。

「TAGCAST」: http://tagcast.jp/


■Bluetooth発信機『TAGCASTビーコン』について
 『TAGCASTビーコン』は、Bluetoothでスマートフォンにデータを送り、特定のアプリで「TAGCASTクラウド」と連携して位置情報などのデータを受け取る発信機です。2012年に開発されたタグキャストの独自技術であり、現在国際特許出願中です。


■『TAGCASTビーコン』の特徴
 『TAGCASTビーコン』を利用すれば、アプリを起動するだけで、スマホ画面に情報が表示され、アプリの制御が行えます。このため、GPSの発する信号を受信できない場所でも位置を特定し、施設内で電子クーポンやポイントを配布したり、来店情報とクチコミをつなげたり、展示物に近づくと音声案内を再生したりすることができます。
 また『TAGCASTビーコン』の電波が届く範囲は10m程度です。小型のため設置が簡単、電池で約1年間利用可能です。
 アプリ開発企業は、GPSを利用するのと同じ感覚で、場所を特定したサービスを提供でき、店舗や施設は『TAGCASTビーコン』を設置するだけで、“その時、その場所”に合わせた革新的な体験や集客を実現することができます。


■屋内位置情報サービス「TAGCAST」について
 「TAGCAST」は商業施設内の各セグメントの特定位置における商品案内やスタンプラリー、通信事業各社および鉄道事業各社が参加している国土交通省主導の渋谷駅構内および周辺地下街における経路案内の社会実験などにも採用されています。


■商業施設・店舗5,000箇所まで半年間無料
 今回『TAGCASTビーコン』の一般受付開始を記念し、商業施設・店舗5,000箇所まで半年間無料で屋内位置情報サービスを提供します。申し込みおよび位置情報の管理は専用Webサイトで簡単に行うことができます。集客サービスとして屋内位置情報に対応している場所は「TAGCASTマップ」に掲載され、くじ引きが楽しめる「店くじ」アプリも無料で提供します。
 また、屋内位置情報クラウド「TAGCASTクラウド」は、すべてのアプリで、24時間365日無料で利用できます。
 O2O(オンライン・ツー・オフライン)のテストマーケティングを検討する企業は、屋内位置情報のインフラを無料で導入し、効果測定およびビッグデータの取得と分析を行うことができます。


■今後の展開
 現在、身に着けられるウェアラブル型や、太陽電池で稼働する『TAGCASTビーコン』も開発中です。Bluetoothとスマホの最新技術を活用して、次世代の社会インフラの開発を進めて参ります。


■会社概要
名称  : 株式会社タグキャスト
本社  : 東京都千代田区九段北1-3-5 オセアン九段ビル
TEL   : 03-3239-6821
FAX   : 03-3239-6820
設立  : 2013年5月7日
代表  : 代表取締役 鳥居 暁(とりい あかつき)
資本金 : 3,000万円
業務内容: 屋内位置情報サービス『TAGCAST』の提供
URL   : http://tagcast.jp/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

「TAGCAST」(イメージ2)『TAGCASTビーコン』

@Press

トピックスRSS

ランキング