ULLINKがインターコンチネンタル取引所(ICE)からメタビット(本社・東京)とNYFIXを取得

@Press / 2014年7月1日 16時0分

金融業界における電子取引、接続に関するリーディングプロバイダーであるULLINKは、メタビット株式会社(東京都中央区)とNYFIXをNYSE Technologies(インターコンチネンタル取引所(ICE)の一部門)から取得することで6月23日に合意し、必要とされる政府当局または監督官庁の承認を得た上で、2014年第3四半期中を目途に買収手続きを完了する予定です。

ULLINKとメタビット、NYFIXの統合は、グローバルな影響力を増す新会社の誕生を意味し、3社の立地、顧客、提供するサービスを互いに補完する効果があります。今回の統合の狙いは、銀行・投資業界において金融取引のソリューションを提供するプロバイダーとなることにあります。

メタビットは東京に本社を置き、オーストラリアや香港、中国本土を拠点にグローバルなビジネスを展開しています。低レイテンシーのダイレクト・マーケット・アクセス(DMA)と、バイサイドの注文をセルサイドの取引所参加者につなぐアジアの取引所へのリンクによって一連の製品を提供しています。

この統合により、グローバルの顧客に新たな選択肢と高度なソリューションを提供する優れた市場プレイヤーとチャレンジャーが生まれることになります。統合後のULLINKの規模は、従業員500人、世界の主要な金融センターに拠点を置いて2,000を超える顧客を有し、売上高は130億円超(1ドル=100円で換算)となります。

今回の統合は、ULLINKの現在の業務をメタビットとNYFIXの業務範囲が補完する効果があり、ULLINKの成長志向にも即したものになります。メタビットは東京を拠点とするプロバイダーで、アジア市場ではハイパフォーマンスでマーケットにアクセスできるユニークで有力なコミュニティサービスを行っています。NYFIXが保有する技術、なかでも接続ネットワーク「Marketplace」はバイサイドの顧客に浸透し、ULLINKのコアであるセルサイドのプラットフォームに対する補完性もあります。

統合の戦略的根拠は極めて明快です。ULLINKのバイサイドへの浸透、米国市場の増強、アジア市場全域での足がかりが狙いであり、メタビットとNYFIXにとってもULLINKの先進的な製品開発資産や広範な販売流通チャネルを活用できます。またグループの一員となることで、グローバルなテクノロジーソリューションに貢献し、集中することができます。

@Press

トピックスRSS

ランキング