JMOOC公認サイト「gacco」、7月度の開講、募集開始について

@Press / 2014年7月2日 15時0分

ビジネススクール(入門)
 NTTナレッジ・スクウェア株式会社(以下 ナレッジ・スクウェア)は株式会社NTTドコモ(以下 ドコモ)と共同で推進する、一般社団法人日本オープンオンライン教育推進協議会(以下 JMOOC)公認の、日本初の大規模公開オンライン講座(MOOC※1)提供サイト「gacco(ガッコ)」( http://gacco.org/ )において、7月度は1講座が開講し、6講座の募集を開始いたします。また、芝浦工業大学の講座開設も決定いたしました。


 「gacco」では、現在62,000名を越える会員登録があり、4月に開講した本郷 和人 教授(東京大学)の「日本中世の自由と平等」、5月に開講した村井 純 教授(慶應義塾大学)の「インターネット」、6月に開講した栗崎 周平 准教授(早稲田大学)の「国際安全保障論」と3講座連続して、1講座あたり1万名を超える方に受講いただいております。今後も講座の拡充を加速し、新しい学びの場の普及に努めます。


■新規に開講する1講座
 「gacco」第4弾講座として「オープンエデュケーションと未来の学び」(北海道大学 重田 勝介 准教授 他)が7月7日に開講します。本講座は、MOOCに代表される「オープンエデュケーション」(インターネット上で広く教育活動を提供する活動)について、4週間で学習するコースです。“MOOCで学ぶMOOC講座”として多数の期待を集めて開講します。


■6講座で募集を開始
 7月度は6講座の受講募集を開始し、ビジネスパーソン向けの講座、ビッグデータ活用に関する講座、心理学系の講座、京都の歴史に関する講座、化学系の講座、観光関連の講座と多様なラインナップをご用意いたしました。6講座の中で特徴的な講座をご紹介します。

 1つ目は、関西大学(吉田 宗弘 教授、上田 正人 准教授、石川 正司 教授、岩崎 泰彦 教授、河原 秀久 教授)の「化学生命工学が作る未来」です。
 この講座では、化学・生命・マテリアルをキーワードに、21世紀の「ものづくり」と「先端技術」の発展に貢献するための研究に邁進する化学生命工学部の4名の研究者がそれぞれの研究分野の講義を担当します。
 第1週(上田 講師)は、原子・分子同士の「化学結合」から、原子配列の乱れの役割、材料設計の地図となる「状態図」の読み方まで、金属・無機材料科学の基礎を解説し、原子レベルで巧妙に設計された実用材料の内部に迫ります。
 第2週(石川 講師)では、効率のよいエネルギーが必要とされる社会に欠かせない蓄電池の技術について、応用化学の視点から学習します。
 第3週(岩崎 講師)は、高分子系バイオマテリアルに焦点を当てながら、その設計・合成・分析・評価の方法、それらの応用例を解説し、新しい次世代型バイオマテリアルを設計するための指針を探ります。
 第4週(河原 講師)では、昨今のバイオテクノロジー技術に重要な生物であり、原始地球において最初の生命体として発生した細菌である微生物の働きを応用した様々な工業生産技術や、発酵産業を基にした応用例について学習します。
 また、本講座では、「理工系の学問は実験を通して学ぶことが重要」という同学の理念に基づき、「gacco」で初めての実験スタイルの反転学習コース(オンラインで学習した内容をもとに対面で発展的な講義を行う対面授業付きコース)を提供します。

@Press

トピックスRSS

ランキング