エンタメ業界関係者は必読!榎本幹朗氏が音楽産業から鋭く論考する長期連載がついに書籍化『未来は音楽が連れてくる Part 1 日本が世界の音楽業界にもたらしたもの』

@Press / 2014年7月4日 13時0分

『未来は音楽が連れてくる Part 1 日本が世界の音楽業界にもたらしたもの』
株式会社エムオン・エンタテインメント(所在地:東京都港区、代表取締役:水野道訓、以下 エムオン)と株式会社ブックリスタ(所在地:東京都港区、代表取締役:今野敏博、圓谷道成、以下 ブックリスタ)は、両社協業の電子出版ブランド「otoCoto(オトコト)」より、『未来は音楽が連れてくる Part 1 日本が世界の音楽業界にもたらしたもの』(著・榎本幹朗)を、本日2014年7月4日(金) 主要電子書籍ストアにて発売いたします。

音楽業界総合情報サイト「Musicman-NET」における同名長期連載をまとめた本作は、著者・榎本幹朗氏によるワールドワイドな鋭い先見と膨大な量の資料に裏打ちされた検証内容が、音楽業界関係者や音楽ファンのみならずIT・Web業界など様々な方面から反響を呼んだ作品です。今回は書籍化にあたりさらなる資料を追加した増補改訂版として、時間をかけて積み重ねられた同氏の濃密な論考を、シリーズ全6巻に渡って 配信してまいります。

シリーズ第1巻となる『未来は音楽が連れてくる Part1 日本が世界の音楽業界にもたらしたもの』では、1920年代まで遡り、「レコード産業」、「Walkman」、「MTV」、「CD」をめぐる人物たちの物語を描きます。

音楽産業が陥ったイノヴェーションのジレンマをいかに克服するか。解法を見出すために、3年の歳月を費やして執筆してきた。結論から言えば、この苦悩は克服しうるものだ。それは歴史が証明している。世界を見れば、答えの方向はすでに示されている。時の流れを読み通すなら、iTunesやYouTubeだけでなくSpotify、Pandoraをも超えるイノヴェーションのチャンスが、日本企業にも訪れようとしていることにも気づくだろう。いま音楽に起きている革命は、他の産業にも波及し、世界をも変えていこうとしている。
黄昏は闇夜を経て、ふたたび夜明けに連なるだろう。(『未来は音楽が連れてくるPart 1日本が世界の音楽業界にもたらしたもの』序文より) ©2014 Mikiro Enomoto

『未来は音楽が連れてくる Part1 日本が世界の音楽業界にもたらしたもの』目次
第1章 ラジオの登場で売上25分の1になったレコード産業、イノヴェーションを重ね復活
第2章 40年かかったレコード産業、黄金時代の再来
第3章 日本が世界の音楽産業に もたらしたもの
第4章 メディアが音楽を救うとき〜MTVの物語
第5章 MTVのグローバル経営から学ぶ。クールジャパンの進め方
第6章 続・日本が世界の音楽産業にもたらしたもの

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング