PATi PATi主催“PATi★Night”でaccess、ゴスペラーズ、CODE-Vが新曲を初披露!

@Press / 2014年7月7日 18時45分

KIDS
株式会社エムオン・エンタテインメント(所在地:東京都港区、代表者:水野道訓)は、『PATi・PATi』誕生30周年を記念したライブイベント“PATi★Night Episode11~Thanks 30~”を開催いたしました。

テレビ番組『PATi・PATi』放送開始後初の開催となった本イベントには、ジャンルもキャリアも全く異なる5組のアーティストが出演し、3時間30分の競演を繰り広げました。

午後4時30分、開演に先立つアナウンスをアーティストのKが担当し、会場を沸かせた後、オープニングアクトのKIDSが登場。7月9日(水)に1stフルアルバム『回遊記-Round About-』のリリースを控えた奈良県出身の新進ロックバンドで、別れた相手の幸せを祈る切ないバラード「さよなら」など3曲を披露。艶めいたハスキーボイスと卓越したメロディーセンスで圧倒しつつ、アップチューン「ミラーボール」では観客を総立ちにさせました。

余韻冷めやらぬ中、メロディラップバンドLIFriendsがPARTY ACTとして登場。「準備体操しますよ!」(SHUNKUN)と音楽に乗せて語り掛け、底抜けの明るさとテンションの高さで観客を巻き込んでいきました。最後は自分たちで楽器を撤収、微笑ましいステージを終えました。メジャーデビュー1周年を間近に控える彼らは、8月10日(日)には日比谷野外大音楽堂での単独公演が決定しています。

大音量のデジタルビートで空気を変えたのは、新メンバー、ウシクとテフンを迎えて3人組となった韓国出身ダンスボーカルグループ、新生CODE-V。会場にはたちまち、彼らを応援する青いペンライトが灯りました。ダンサー二人を交えた5人は激しくフォーメーションを変えながら、渾身のパフォーマンスを披露。韓国語ナンバー「GO」の終盤は、客席にメンバーが飛び出して行く大胆な演出で沸かせました。リーダー・ソルは、韓国での不遇時代を経て昨年は日本武道館ワンマンライブの夢を叶えたこと、3人のメンバーが入隊したため新メンバーが加入したこと、などグループの歴史を明かし、「今年からはゼロから頑張って行きたいと思います」と決意表明。最後は7月16日(水)に発売のニューシングル「Never Say Never」を初披露。何があっても諦めないと歌う新境地のロックチューンを全身全霊の歌とダンスで表現しました。

続けて登場したのは、「平成26年はFLOWの年」とのテーマを掲げ、これまで以上に活発なライブ活動を展開しているFLOW。冒頭でまずは一斉に音を鳴らして会場の注意を惹き付けると、「愛愛愛に撃たれてバイバイバイ」を披露。「今日は出演者全員男。その中でも、見た目・音、一番うるさいと思います!(笑)」(KEIGO)とユーモラスに自己紹介した後は、激しくも切ない「DAYS」「Answer」を畳み掛ける。続く「流星」では観客にもマイクを向け、ラララと声を合わせて一体感を高めました。「常夏エンドレス」ではメンバー自らジャンプしつつ歌いながらあおると、会場のボルテージはますます上昇。最後の曲「GO!!!」では観客も拳を振り上げてジャンプを繰り返し、コール&レスポンスも盛り込みながら、熱いフィナーレを迎えました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング