エクスジェン・ネットワークスがNTTソフトウェアとクラウド市場における認証連携・ID統合管理分野でパートナーシップを強化

@Press / 2014年7月9日 9時30分

エクスジェン・ネットワークス株式会社(以下 エクスジェン・ネットワークス、東京都千代田区、代表取締役:江川 淳一)はNTTソフトウェア株式会社(以下 NTTソフトウェア、東京都港区港南、代表取締役社長:山田 伸一)とID統合管理ツール「LDAP Manager(エルダップマネージャー)」(注1)に関して協業することを発表します。

この協業により、「LDAP Manager」とNTTソフトウェアの認証ソリューション「TrustBind/Federation Manager」(注2)のシームレスな連携が実現します。また、この分野において両社が一体となって提案・構築することで、企業のハイブリッド・クラウド利用促進に寄与します。

両社は今後、エクスジェン・ネットワークスが現在開発中のクラウドサービス用ID統合管理ツールである「Cloud Identity Manager」(注3)をクラウドサービス事業者へ提供するビジネスにおいても協業していく予定であり、日本における認証基盤クラウドサービスであるIDaaS(Identity as a Service)(注4)市場の確立に積極的に取り組んでいく予定です。


(エンドースコメント:NTTソフトウェア株式会社)
NTTソフトウェア株式会社は、このたび「LDAP Manager」と弊社認証連携製品「TrustBind/Federation Manager」の連携が実現できたことを喜ばしく思います。ハイブリッド・クラウドへと企業の利用形態が移行しつつあるなか、今回のソリューション連携により、オンプレミスとクラウドの橋渡しを円滑に行うことができることから、企業のクラウド利用を一層支援できるものと期待しています。
NTTソフトウェア株式会社
取締役 セキュリティ事業部長
畠中 優行


(注1) LDAP Manager
LDAP Managerは企業や大学などの組織で利用する様々なシステムやクラウドサービスのユーザ情報やグループ情報を統合管理するアイデンティティ管理パッケージソフトウエアです。
http://www.exgen.co.jp/lm/index.html

(注2) TrustBind/Federation Manager
「TrustBind/Federation Manager」は、企業内の社内システムとクラウドサービス間の認証を連携することで、統合的なID管理と認証強化を実現する認証連携ソリューションです。
http://www.ntts.co.jp/products/trustbind/

(注3) Cloud Identity Manager
Cloud Identity Managerはクラウドサービス事業者が、企業や大学などの組織に対してアイデンティティ管理機能をクラウドサービスとして提供するためのツールです。

(注4) IDaaS
Identity as a Serviceの略称であり、複数のクラウドサービスに対してアイデンティティ管理機能やシングルサインオン機能をSaaS(Software as a Service)形式で提供するものです。


【本件に関するホームページでの発表】
エクスジェン・ネットワークス株式会社
http://www.exgen.co.jp/info/info140709.html
NTTソフトウェア株式会社
http://www.ntts.co.jp/whatsnew/2014/140709.html

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング