日本レク協会が、文部科学省の新しいスポーツ事業を普及する講習会を実施 ~障がいの有無にかかわらないスポーツ・レクリエーション交流の可能性~

@Press / 2014年7月10日 12時30分

演習の様子1
日本レクリエーション協会は、文部科学省から平成27年度以降に全国的に普及・促進される「障がいのある人とない人のスポーツ・レクリエーション交流事業」を先取りして学ぶ講習会を2014年7月13日(日)に日本体育大学世田谷キャンパス(世田谷区)にて開催いたします。

スポーツ関係者と福祉関係者が連携して地域でスポーツを楽しむ上での“障がいのあるなしにかかわらない仲間づくり”を目指す新しい事業を、行政や民間団体関係者、学校関係者等が学びます。

事業概要:
http://universal.recreation.or.jp/outline.html
講習会プログラム:
http://universal.recreation.or.jp/symposium/index.html
https://www.facebook.com/universal.recreation


【事業の特徴】
◆障がいのある人と障がいのない人は共にスポーツを楽しむ仲間
「一緒に居るのが楽しい」という純粋な動機で集まり、共に地域でスポーツを楽しむ仲間を育むことを目的としています。共に楽しむことを結び目にした幅広い人間関係を築くことで誰もが日常的にスポーツを楽しめる共生社会づくりを目指します。

◆スポーツに人が合わせるのではなく、スポーツを人にあわせる
障がいのある人とない人が参加するイベントを継続的に実施します。様々なスポーツやゲームのルールや用具を工夫して、全員が夢中になれて交流もできる新しいスポーツを創り、実施し、より楽しいものへと改善していきます。こうした創造的で活動的な時間を重ねることで、障がいのあるなしにかかわらない仲間が誕生します。


【開催概要(東京会場)】
<障がいのある人とない人のスポーツ・レクリエーション交流事業 講習会>
午前中はグループ皆が本気で楽しめるスポーツ創り、午後は本気で楽しめかつ交流が深まるスポーツ創りという2つの演習に取り組み、演習の体験を活用した講義で新しい事業の方法や理論を学びます。午後からは障がいのある人も演習に参加します。

日時 :2014年7月13日 10:30~16:00
会場 :日本体育大学世田谷キャンパス(世田谷区)
講師 :野村 一路 日本体育大学教授、
    藤田 紀昭 同志社大学教授 等、第一線の研究者、実践家6名
受講者:100名(行政、民間団体関係者、教員等)


※本事業は、平成24年度より文部科学省の委託を受けて日本レクリエーション協会が実施しています
※東京以外にも、7月12日(土)宮城会場、8月2日(土)広島会場、8月3日(日)北九州会場にて開催されます。お問い合わせください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング