女性の美容・健康ニーズ アジア5都市調査 2014 ~美容に、健康に、熱い視線を注ぐ東南アジア女性~

@Press / 2014年7月17日 9時30分

図表1 健康・美容への関心
株式会社日本能率協会総合研究所(略称:JMAR)では、近年注目を集めるアジア新興3大都市「バンコク(タイ)」「ジャカルタ(インドネシア)」「ホーチミン(ベトナム)」、及び美容・健康先進都市「ソウル(韓国)」「東京(日本)」の女性を対象に、「女性の美容・健康ニーズ アジア5都市調査 2014」を実施いたしました。その結果、下記のような実態が明らかになりましたのでご紹介いたします。


【主な調査結果】
成熟化が進み新たな消費意欲の喚起が難しい東京・ソウルに対し、東南アジアでは、女性の健康・美容に対する強いニーズと、様々な商品・サービスへの高い消費・利用意欲がうかがえました。


【調査結果】
■結果1:健康・美容への関心
「健康の維持・増進」を「日頃から強く意識しており、十分な対策をしている」と回答した人は、東京・ソウルの1割台に対し、ジャカルタでは約6割に達し、ホーチミン約5割、バンコク4割台と高かった。「美容・ビューティケア」についても、ジャカルタ・バンコクは4割以上。東南アジア3都市の美容と健康に対する強い関心がうかがえた。

図表1 健康・美容への関心(単一回答)
http://www.atpress.ne.jp/releases/48629/img_48629_1.png

■結果2:髪・頭皮の悩み
東京では「白髪」「くせ毛・うねり」「まとまりがない・パサつく・はねる」といった髪に関する悩みが上位だが、ジャカルタ・ホーチミンは「抜け毛・薄毛」「フケ」といった頭皮に関する悩みが上位に挙げられた。全体的に、東京以外の都市では髪・頭皮に関する悩みの程度は高い。特に、東南アジア3都市では髪より頭皮に関心が向けられている。

図表2 髪・頭皮の悩み ベスト10(複数回答)
http://www.atpress.ne.jp/releases/48629/img_48629_2.png

■結果3:体調・症状の悩み
東京・ソウルでは「肩こり」、ソウル・ホーチミンでは「目の疲れ」が顕著に高い。また、「頭痛」「不眠」は東京以外で高く、特にホーチミン・ジャカルタで悩んでいる人が目立った。東南アジア3都市では肩より首から上の不調が目立っている。

図表3 体調・症状の悩み ベスト10(複数回答)
http://www.atpress.ne.jp/releases/48629/img_48629_3.png

■結果4:今後使用したい有償の美容サービス
「歯のホワイトニング」が5都市に共通して上位にランクインした。バンコクでは「レーザー」系のエステが目立った。東京以外では総じてエステ等の美容サービスへの利用意欲が高い。特に東南アジア3都市でのエステ美容への関心の高さが見受けられた。

@Press

トピックスRSS

ランキング