越後白雪茸研究会開催のお知らせ

@Press / 2014年7月18日 18時0分

越後白雪茸1
 越後白雪茸研究会は2014年7月25日(金)新潟市のホテルイタリア軒において開催され、神戸大学の平井先生による“越後白雪茸の関節痛軽減作用”や、新潟薬科大学の佐藤先生による“越後白雪茸のダイエット効果”などの研究報告が予定されています。
 昨今、食の健康機能は大きな社会的関心を集め、疾病予防やアンチエイジングの目的で色々な機能性食品、サプリメントが開発されています。しかしながらこれらの製品の科学的バックグラウンドについては十分に解明されているとは言い難いものも数多くあり、これらの製品が本当の意味で、人類の健康維持、増進、疾病予防などに十分な役割を果たす存在となるためには十分な科学的裏付けが必要とされています。
 越後白雪茸は新潟県魚沼市で15年前に発見され、食用として生産されました。しかし栽培が難しく、大変貴重な茸でした。生産者の努力により、量産体制が確立され、研究材料としての供給も可能となり、現在までに「免疫賦活作用」や「高い抗酸化力」などが明らかにされています。機能食品や医薬品を開発のための機能性素材として魅力的な、この新潟の資源の基礎研究、臨床研究の推進を図り、それらの成果を社会に還元する事を目的に2012年に越後白雪茸研究会を立ち上げ、白雪茸の研究者および白雪茸に関心のある企業、個人が定期的に白雪茸の研究の現状など情報交換を行なってきました。


■越後白雪茸について
 平成11年に新潟の山奥で発見されたときは、世界三大珍味の最高級品の白トリュフにそっくりであることから、白トリュフとして学会発表。また、マスコミからも「新潟で白トリュフ発見」と報道されました。
 しかし研究が進むにつれて、白トリュフでないことがわかりました。
 越後白雪茸は、遺伝子レベルの研究で、椎茸や舞茸と同じ担子菌類である特徴をもっています。
 しかし担子器を形成しないため、胞子を出しません。そのため椎茸やエノキタケのようなキノコの形を作らず、栽培された環境に合わせて、様々な形に育ちます。
 また、塩基配列が過去に発見されたキノコと同定できないために、新種のキノコとして世界11か国で特許が取得されています。
 研究が進むにつれて、聖マリアンナ医科大学で、免疫賦活作用があることが発見されました。それを皮切りに多くの研究機関で抗酸化力、アトピー改善効果、花粉症対策、エイジングケア、メタボ対策等、様々な研究が進められています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング