富士通ゼネラルのルームエアコン用無線LAN接続アダプターにACCESSのECHONET Lite対応HEMSソリューションが採用- 家電のスマート化を支援 -

@Press / 2014年7月15日 11時0分

「APS-12B」シリーズ
 株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏 伸哉、以下 ACCESS)は、本日、同社のECHONET Lite(※1)対応HEMS(※2)ソリューションが、株式会社富士通ゼネラル(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:村嶋 純一、以下 富士通ゼネラル)のルームエアコン用無線LAN接続アダプター新製品「APS-12B」シリーズ(7月14日発売)に実装され、出荷開始されたことを発表いたします。

 「APS-12B」シリーズは、富士通ゼネラルの環境に配慮したルームエアコンの新製品「nocria(R)(ノクリア) X/Z」シリーズ(2013年11月発売)に対応しており、エアコン本体に取り付けるだけで、無線LAN機能を付加することができるアダプターです。本アダプターには、ACCESSのECHONET Lite対応ミドルウェア「NetFront(R) HEMSConnect」をはじめとするHEMSソリューションが実装されており、無線LANを介して、エアコン本体と室内に設置されたHEMSとの双方向の通信を確立し、エアコンの電気消費量の見える化や制御を実現することができます。

 「NetFront HEMSConnect」は、ECHONET Liteの最新仕様に準拠し、ECHONET Lite対応システムや機器の開発を容易にするソリューションです。OS非依存、省メモリ、低消費電力による高度な柔軟性を実現しており、HEMSやMEMS(※3)、BEMS(※4)などのエネルギー管理システムから、スマートメータ、家電に至るまで、幅広い機器に実装が可能です。「NetFront HEMSConnect」は、既にMEMSでの採用実績を有しており、この度の採用により、システム側に加えて、デバイス側(家電)にも実装が拡大いたしました。

 ACCESSは、この度、HEMSソリューションとして、「NetFront HEMSConnect」やエアコン/アダプター向けアプリケーションに加えて、メンテナンス用に無線でソフトウェアを更新するためのエアーダウンロード機能も提供しています。ユーザは、アダプター本体を買い替えることなく、無線LANを通じて、ECHONET Liteの最新規格へ随時対応させることが可能です。

 今後ともACCESSは、スマートグリッド構想の早期実現を目指して、ECHONET Liteをはじめとする標準規格に対応した先進のソリューションにより、メーカやサービス事業者の迅速な製品開発や市場投入を支援してまいります。

@Press

トピックスRSS

ランキング