ブランコ、VMware のクラウド基盤向けデータ消去ソリューション「Blancco vCloud Eraser」を発売

@Press / 2014年7月15日 10時0分

「Blancco vCloud Eraser」導入イメージ
 企業向けにデータ消去ソリューションを提供するBlancco Oy Ltd.の日本法人である株式会社ブランコ・ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:森田 将幸、以下 ブランコ)は、ヴイエムウェアが提供するデータセンターの仮想化製品VMware vCloud(R) Suite用のデータ消去ソリューション「Blancco vCloud Eraser」の発売を発表します。

 「Blancco vCloud Eraser」は、VMware vSphere(R)で構築され、vCloud(R) Suiteによって管理・運用されるクラウド基盤において、システム全体を停止することなく個々の仮想マシンの上書き処理によるデータ消去を行い、ユーザ企業に対する監査証跡となるデータ消去レポートを発行するソリューションです。これまで、ユーザ企業がIaaSなどのクラウド利用が終了した仮想マシンを構成するファイルやフォルダのデータ消去を実行することは困難でした。今回、「Blancco vCloud Eraser」をクラウド基盤に導入した事業者は、その基盤上に存在する仮想マシンを構成するファイルやフォルダのデータ消去を実行することによってユーザデータを復元できない状態にすることができるため、IaaS事業者などが提供するサービスのクラウド基盤における情報漏洩対策やユーザ企業向けのデータセキュリティの強化が可能となります。

 今回のリリースでは、クラウド環境の統合管理ツールであるvCloud(R) Director(TM)との連携が可能となり、セルフサービスポータルのGUIからデータ消去を実行できるようになりました。これにより、クラウドサービスプロバイダは、「上書き処理によるデータ消去と証跡の発行」を、自社サービスのひとつとしてユーザ企業に提供できるようになり、企業や組織内のプライベートクラウドにおいても、管理者のデータ消去業務に要する負担を大幅に削減することができます。

 総務省が発表したガイドライン*1では、ユーザが安心して利用できるように、「預託された情報を二度と取り出せないように消去または破壊すること」や、これら施策の実現方法について、情報提供することが望ましいとされています。また、米国標準技術局(NIST)のガイドライン*2では、契約が終了した際のクラウドプロバイダが果たすべき義務として、「データのサニタイズ(無毒化)」と、データが復元できないことを客観的に証明するシステムレポートを残すことの責務について言及しています。「Blancco vCloud Eraser」は、これらガイドラインが推奨するデータ保護を、VMwareのクラウド基盤において、実現するソリューションです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング