フルート×ギターのユニット「ホラネロ」がディマシオ美術館で7月27日公演

@Press / 2014年7月18日 16時0分

「ホラネロ」昨年の公演
ひとりの画家がキャンバスに描いた作品としては世界最大といわれる、たて9m × よこ27mの油彩画を展示する「太陽の森 ディマシオ美術館」(北海道新冠町)では、2014年7月27日(日)にフルート×ギターのユニット「ホラネロ」が公演を行います。
公演当日は、ディマシオ美術館の入館料のみで演奏を聴くことができます。
http://www.dimaccio-museum.jp


■「ホラネロ」について
「ホラネロ」は、フルート奏者の谷藤万喜子氏とギタリストの本田優一郎氏が夫婦で結成したユニット。2012年に東京から北海道へ移住し、遠軽町を拠点に活動しています。
独自のアレンジにより多彩なプログラムを展開し、とくに“日本のうた”をアレンジした作品に定評があります。
「ホラネロ」という名前はシンガー・ソングライターの樋口了一氏により命名され、福島県の子守歌「ホラねろ、ねんねろ」に由来しています。

ディマシオ美術館での公演は2013年に続き2回目。ディマシオ美術館の代名詞である「世界最大の油彩画」の前で奏でられる色彩豊かな旋律は、ディマシオが創造した世界観と重なり、幻想的な印象を与えます。

・谷藤万喜子
東京学芸大学、東京芸術大学大学院音楽研究科(室内楽専攻)を経て、NHK-FM等で活躍。1998年度には大曲音楽祭コンクールに入賞。日本各地で演奏活動を行うとともに、幅広い年代層のフルート愛好家に指導を行なっている。
オホーツク・フルート倶楽部 講師。
第13代オホーツク観光大使。

・本田優一郎
東京学芸大学教育学部音楽科を卒業後、金田潮兒、伊藤康英各氏に作曲を師事。様々なアーティストの作編曲やギター演奏を行う。また、映画音楽でも同様に作編曲、ギター演奏で活躍。
株式会社ロックオンカンパニー所属。
オホーツク・ギター倶楽部 講師。

「ホラネロ」ホームページ
http://www.horanero.com/


■公演詳細
日程:2014年7月27日(日)
時間:第一回 13:30~(仮)
   第二回 17:30~(仮)
会場:太陽の森 ディマシオ美術館(北海道新冠郡新冠町字太陽204-5)
主催:オホーツク音楽工房
共催:太陽の森 ディマシオ美術館
協賛:ハナノ工場


■次回の公演予定 ~9月20日(土) ギタリスト門馬由哉~
ディマシオ美術館では、引き続き様々なアーティストの公演を行っていきます。次回はギタリスト門馬由哉。9月20日(土)の公演を予定しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング