『ホームページには書けない太陽光購入前必読マニュアル』追加配信 太陽光発電のトラブルを回避する無料小冊子 1万ダウンロード突破記念~補助金打ち切り後、復活した訪問販売に対応~

@Press / 2014年7月23日 11時0分

小冊子と1万件突破付録
太陽光発電の工事会社ネットワークを運営している株式会社ソーラーパートナーズ(所在地:東京港区、代表取締役:中嶋 明洋)は、これまで無料配信しておりました小冊子『実録!太陽光発電6つの地獄と回避のポイント』と併せて、小冊子1万件ダウンロード突破記念、また増加しつつある太陽光発電の訪問販売会社への対策として、実際に見積もりを依頼する段階で役立つ付録『ホームページには書けない太陽光購入前必読マニュアル』の提供を開始しました。

<無料小冊子・1万ダウンロード突破付録 申込みページ>
https://www.solar-partners.jp/form_bl02/


【太陽光発電の訪問販売会社が続々復活中!】
2014年3月31日をもって住宅用太陽光発電システムに対する国からの補助金が廃止されました。
太陽光発電システムの価格を普及価格まで押し下げることを目的として実施されていたため、昨今の太陽光発電の普及に伴い順調な価格低下が実現できていることもあり、その役割を終え予定通り廃止となった次第です。
しかし2009年1月から始まったこの補助金制度がその普及促進と同時に価格低下に及ぼしていた影響が大きかったことが、4月以降のこれまで鳴りを潜めていた訪問販売会社の復活から浮き彫りになっています。


【太陽光発電システムの価格が下がった一番の要因】
普及に伴い大量生産によるコスト低下という一般的な理由はもちろんありますが、一番大きな影響を与えたのは補助金の受給要件となる『上限価格キャップ』でした。
上限価格キャップが存在するために、より高く販売したい訪問販売会社も補助金をもらえないという理由が説明できないため、少なくとも上限価格キャップに合わせて販売せざるを得ない状況でした。

※『上限価格キャップ』…国の補助金の申請条件の1つ。kWあたりの金額が一定金額以下で契約することを補助金申請条件としたもの。

<上限価格キャップと平均契約価格>
http://www.atpress.ne.jp/releases/48945/img_48945_2.jpg


【著しく高い金額提示の案件が急激に増加!】
昨年度(2013年度)までは上限価格キャップが存在していたためにどんなに高くても、kWあたり50万円台の提示を受けているという相談事例が最高でしたが、4月以降は途端にkWあたり60万円台、70万円台の提示を受けている方からのご相談が急増しており、これはひとえに補助金廃止による上限価格キャップの撤廃の影響であると考えます。

@Press

トピックスRSS

ランキング