ユビキタス社、920MHz帯無線通信用プロトコルスタック「Ubiquitous Wi-SMART」の販売を開始

@Press / 2014年7月24日 15時30分

Ubiquitous Wi-SMART搭載例
株式会社ユビキタス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐野 勝大、以下ユビキタス社)は、HEMS(※1)機器やスマートメーター向けのソリューションとして、これらの通信に用いられる国際無線通信規格「Wi-SUN(R)(ワイサン、Wireless Smart Utility Network)」(※2)の標準プロトコルに対応した、通信用プロトコルスタック「Ubiquitous Wi-SMART(ワイスマート)」の販売を開始したことを発表します。


「Ubiquitous Wi-SMART」は、東京電力株式会社の次世代電力量計「スマートメーター」とホームゲートウェイの通信方式にも採用された「Wi-SUN」での920MHz帯無線通信を行うための小型な無線プロトコルスタック製品です。
本製品は、6LoWPAN( IPv6 over Low-Power Wireless Personal Area Networks )技術を搭載しており、帯域の細い無線でも安定してIP通信を行うことができるほか、安価なマイコンや無線モジュールでも十分動作が可能なため、お客様のハードウェア環境に幅広く適応します。

HEMSコントローラやHEMSゲートウェイの開発において、スマートメーター向け(Bルート)通信と、ホームネットワーク向け(家電機器)通信には、それぞれ接続親機(コーディネーター)と接続子機の両機能が1つの機器に搭載されていなければならず、無線モジュールやチップセットを1台の機器に異なる2つの通信機能を搭載する必要がありました。
本製品は、Bルート通信と家電機器通信を、単一のチップセットで処理することを可能とし、HEMSコントローラやHEMSゲートウェイに適用する無線通信モジュールを1つに集約することで、機器開発においてのコストの削減や開発の効率化に貢献します。
また、お客様のご要望、取扱機器に応じてBルート通信、家電機器通信それぞれを個別に対応させることも可能です。(※3)

今後は、スマートメーターやHEMS機器といったエネルギー分野の通信のみならず、交通インフラや、農業、医療など幅広い分野でInternet of ThingsやM2M実現のための省エネ、省リソース型のセンサーデバイスなどの終端機器の無線通信技術としての普及も視野に入れて展開してまいります。

また、「Ubiquitous Wi-SMART」は、ユビキタス社のECHONET Lite対応ミドルウェア製品「Ubiquitous ECHONET Lite」と組み合わせて、スマートメーターからHEMS機器、家電、センサー機器まで接続可能にするトータルソリューションとして提供します。これによって、ECHONET Lite対応のホームゲートウェイでの採用やクラウドサービスとの連携が可能になります。

(※1) HEMS(Home Energy Management System):宅内におけるエネルギー管理システム。
(※2) 国際標準規格「Wi-SUN」:Wi-SUNアライアンスが定める、IEEE802.15.4g規格をベースとした920MHz帯無線通信規格。
(※3) ホームネットワーク通信機能に関してはWi-SUN Allianceにて規格策定中となっており、仕様の変更がある場合があります。


■Ubiquitous Wi-SMARTの製品仕様および特長
・Wi-SUN Profile for ECHONET Lite(TTC標準JJ-300.10 A方式(※4))に対応
・MAC層の多重搭載により2つのPANとRoleを同時にサポート
・PANA プロトコル(PAA、PaC)を標準サポート(PAAはマルチセッション可能)
・Bルート通信機能、ホームネットワーク通信機能を選択可能
・必要RAM容量48KB以上推奨(Bルート通信機能、ホームネットワーク通信機能両対応の場合)

(※4) TTC標準JJ-300.10 方式A:「ECHONET Lite向けホームネットワーク通信インタフェース( IEEE 802.15.4 / 4e / 4g 920MHz帯無線 )」として、情報通信研究機構(NICT)によって定められている、ECHONET Lite規格の下位層通信インタフェースへのWi-SUN Alliance規格の実装を行うためのガイドライン。


■Ubiquitous Wi-SMART搭載例
http://www.atpress.ne.jp/releases/49053/img_49053_1.jpg

■Ubiquitous Wi-SMART + Ubiquitous ECHONET Lite 利用例とアーキテクチャ図
http://www.atpress.ne.jp/releases/49053/img_49053_2.jpg


■関連発表記事
ユビキタス社とスカイリー・ネットワークス社、スマートエネルギー / ホームネットワーク分野でのソリューション導入加速を目的とした協業を発表
http://www.ubiquitous.co.jp/news/press/20140424_p2073.html


■株式会社ユビキタス 代表取締役社長 佐野 勝大のコメント
「このたび、「Ubiquitous Wi-SMART」を発表できたことを、大変喜ばしく思っております。これまでのWi-Fiを中心としたアプローチに加え、Wi-SUNを始めとする920MHz帯無線通信をはじめとした軽量のHome Area Networkのプロトコルやワイヤレス、マルチホップ技術をバリエーションに、ユビキタス社がもう一方で展開しているInternet of Thingsクラウドプラットフォーム“dalchymia”と合わせて、ホームエネルギーマネジメント、ホームコントロールのニーズ、利用シーンにあった多様なソリューション提案が可能になりました。今後もInternet of Thingsの本格普及に向けた展開を積極的に行ってまいります。」


■株式会社ユビキタス(証券コード3858)について
ユビキタス社は、2001年に創業された組込み機器向けを中心としたコンピュータソフトウェアの開発・ライセンスを行う企業です。「みらいをつなぐ ユビキタス」をキーワードに、ユビキタス社会の実現に貢献できる組込みソフトウェアソリューション(ネットワーク技術、暗号化技術、データベース技術、システムの高速起動技術など)から、Internet of Things“モノのインターネット”に対応するクラウドプラットフォームと時代のニーズに合わせたサービスまで、幅広い製品とサービスを展開しています。他と差別化された技術を提供し、ユビキタス社会の要請に応えます。


■投資家の皆様へ
本プレスリリースは、ユビキタス社の定性的な業務進捗をお知らせするためのものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。ユビキタス社の業績・経営指標の進捗・予想に関しては、取引所開示情報である、決算短信などをご参照ください。


※本リリースに記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。
※Wi-SUNはWi-SUN Allianceの登録商標または商標です。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

Ubiquitous Wi-SMART +Ubiquitous ECHONET Lite 利用例とアーキテクチャ図

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング