OBIGOが東京にコネクティッドカーソフトウェアQAセンターを8月に開設! ― 今後は中部地域にも進出 ―

@Press / 2014年7月24日 17時0分

David Hwang
 OBIGO(本社:韓国 板橋(パンギョ)、CEO:David Hwang)は、今年の4月に東京港区にテックセンターを開設、日本のマーケット拡大に対応すべく8月に開設を準備しているQAセンターをそのテックセンターに併設することを発表しました。
 これは2016年以降の需要にあわせて新製品の量産を日本で行うことになったためです。OBIGOは自動車のコネクティビティにおいて強力なソフトウェアIPを保有しており、各地域でのオーダーに対応して、これまでもヨーロッパやアジア各国での量産実績があります。

 OBIGOのコネクティビティソリューションはHTML5を基本としており、高い移植性を持ちます。OBIGO製品はフットプリント、CPU占有率ともに小さくしかも立ち上がりが高速です。OBIGO製品はミドルウェア以上の環境でモバイル機器のすべての機能を担当します。また、使いやすさを備えたデザイン性の高いGUIはトレードマークと言えます。携帯電話への適用では日本でも2012年から既に実績があります。
 この製品はチップセットやOSに依存せず、包括的にサービスを適用することができるため、キャリアがコネクティッドサービスを包括的に提供するときに特に有効です。これまでは、世界的にウェブ配信のTV分野でチップセットやコンテンツプロバイダに依存せずキャリアが独自のサービスを提供するために使われてきました。OBIGO製品はその分野で既に世界で高いシェアを持っています。
 最近では、自動車への適用が進んでおり、OEMが自社のサービスを包括的に提供するためにも使われています。既にウェブ上では多くのコンテンツプロバイダ、コンテンツアグリゲータが存在しているが、OBIGO製品によりOEMは自社のブランドを保ったまま、クラウドサービスを提供することが可能となります。
 これまでは、テレマティックスにおいてヘッドユニットから直接クラウドにアクセスする製品を提供してきました。現在量産化中の製品は、さらにスマートフォンをヘッドユニットから操作することができ、OEMはスマートフォンのパーソナルなウェブ環境を自動車の中に実現することができます。この際、アプリケーションレベルによるHTML5接続のため、スマートフォン、ヘッドユニット双方のOS、チップセットなどは意識する必要はありません。

 OBIGOの強みは、携帯電話の初期よりインターネット製品を提供し、技術の変遷とともに、製品を進化させていることです。特に、HTLM5が採用されたスマートフォンにおいては初期よりコンテンツプロバイダ、コンテンツアグリゲータともパートナーとしての関係、経験を積んでおり、OBIGOは単なる製品だけではなく、統合的なコネクティビティ環境も提供しています。OEMはこれら資産を製品として使用することができます。
 自動車への搭載においても、今後のコネクティッドカーにとって重要となるのは、安全性とセキュリティです。これらを作りこむために、OBIGOは要件定義の段階からテスト工程を導入します。具体的には、セイフティやセキュリティ要件とテスト仕様とのトレーサビリティを初期段階からチェックします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング