エヴィクサー、『貞子3D2』「スマ4D」の鎌ケ谷スタジアムにおけるパブリックビューイングにACR技術を提供

@Press / 2014年8月4日 12時0分

『貞子3D2』の「スマ4D」専用アプリ
 ACR(自動コンテンツ認識)技術の開発を手がける日本エヴィクサー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:瀧川 淳、以下 エヴィクサー)は、2014年8月10日(日)に鎌ケ谷スタジアム(千葉県鎌ケ谷市)にて開催される、映画『貞子3D2』(製作:『貞子3D2』製作委員会)「スマ4D」のパブリックビューイングに技術提供することをご案内申し上げます。


 「スマ4D」は、映画本編とスマートフォンがACR技術によって連動し、様々なアクションがスマートフォンアプリを通じて体験できる企画で、2013年夏より全国の映画館やDVD・Blu-rayのパッケージ製品などの幅広い用途において、その効果を実現してまいりました。

 今回は、鎌ケ谷スタジアムで開催される『貞子3D2』のパブリックビューイングで、スマ4D体験を実現すべく、下記の点を特長としたエヴィクサーのACR技術を提供させていただきます。

<エヴィクサーのACR技術>
(1) インターネット通信のない環境で、既存の音響設備のみでスマートデバイスへの情報配信が可能。
(2) 音声のみでスマートデバイス間の同期を行い、映画や公演の音楽とスマートデバイスの演出を同時に体験できる。
(3) BGMや音楽等の音声(可聴音)だけでなく、人の耳に聞こえない音声(非可聴音)での柔軟な運用が可能。


■今後の展開
 『貞子3D2』は8月にWOWOWでの放送も予定されており、その際も同様に「スマ4D」を実現するACR技術を提供してまいります。
エヴィクサーでは今回の発表を皮切りに、今後、テレビ、ライブイベント、劇場、映画館の演出や、字幕、音声ガイド等への活用に、幅広く安定的に対応できるACR技術の提供を各方面へと進めてまいります。


■日本エヴィクサー株式会社について
 Video / Audio / Image Fingerprint(映像・音声・イメージのフィンガープリント技術)、Audio Watermark(音響透かし)、スタンプラリーアプリ「Stac(スタック)」の運営、SIPソフトフォン「Chiffon」の開発をはじめ、IP-PBXソリューションの提供、リモートコントロールのソリューションを提供しております。
 「TBS世陸応援団」「TBSキクミミ」などのアプリをはじめとして、テレビ放送局、大手広告代理店、プラットフォーム運営会社などが手がけるアプリやキャンペーンに数多くACR技術を提供しております。
URL: http://www.evixar.com

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング