世界初!視線追跡型ヘッドマウントディスプレイ「FOVE(フォーブ)」を発表 ゲーム及び医療領域においてグローバル展開を視野に

@Press / 2014年7月25日 10時0分

製品イメージ1
株式会社FOVE(本社:東京都文京区、代表取締役:小島 由香)は、2014年7月25日、家庭用機器としては世界初となる、視線追跡型ヘッドマウントディスプレイ「FOVE」の開発、並びにティザームービー( http://fove-inc.com/ )を発表いたしました。既に主要機能を実装した試作機の開発を終了しており、2015年夏の開発者向けキット発売に向け準備を進めております。

また、2014年7月16日、Microsoft Ventures Londonアクセラレータプログラム(※1)に、日本企業として初めて採択されました。今後は、本プログラムに参加し、ゲーム領域におけるマイクロソフト社Xbox事業との連携を視野に、グローバル市場での普及を目指して活動してまいります。直近では、2014年12月にロンドンで行われるデモデイにて、プロトタイプの発表を目標とし、同時に、新たなゲームを開発するためのFOVE専用SDKの準備を進めます。

▼製品イメージ
http://www.atpress.ne.jp/releases/49134/img_49134_1.jpg
▼視線追跡機能
http://www.atpress.ne.jp/releases/49134/img_49134_2.jpg


【FOVEの特長について】
FOVEは世界初の家庭用・視線追跡型ヘッドマウントディスプレイです。Field Of View(視界)を広げる製品を目指し開発を進めております。最大の特長は、視線追跡機能と傾き検知機能(※2)、ヘッドトラッキング機能(※3)を組み合わせ、目の動きで360°の仮想世界を、自在に操作可能な点です。

これまでのヘッドマウントディスプレイでは、視線追跡機能がないため、マウスによる平面に適した操作がメインとなっており、奥行きある仮想世界での操作が困難でした。FOVEでは、独自の視線追跡アルゴリズムで「目の動き」を読み取ることで、ゲームなどの三次元空間における、素早く精確な操作が可能になります。

また、従来の仮想世界では視差がなく、すべての物体に「焦点」があってしまうため、現実世界との違和感がありました。FOVEは、目が見ている三次元上の座標を特定することで、見つめた位置がはっきり見え、見ていないところがぼける焦点表現を仮想世界で初めて実現し、リアルなゲーム体験を創造します。

当技術を活用することにより、自らが「ゲーム」の世界に入り込むような没入感を体験できるだけではなく、目の動きにより、意思を伝えるコミュニケーション支援機器として、「医療」領域への展開も計画しております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング