アトナープ社、米国大手ベンチャーキャピタルなどから8億円調達合意 ~ シェールガス革命に対応し、リアルタイム測定装置を投入へ ~

@Press / 2014年7月31日 9時30分

チップスケールのリアルタイム・分子解析ソリューションを提供するアトナープ株式会社(本社:東京都八王子市、代表取締役社長:佐藤 友美、以下 アトナープ社)は、この度、米国大手のベンチャーキャピタル(以下 VC)である、Walden Riverwood Ventures, L.P. (以下 WRV社)をリードインベスターとして、日本大手VCも含め、8億円の資金調達に合意し、WRV社より2014年6月末に最初の資金調達を完了いたしました。

URL: http://www.atonarp.com/


2013年5月に米国で発表したリアルタイム・ガスエネルギー測定装置「AMSシリーズ」が、シェールガス革命の追い風を受け、欧米の大手天然ガス測定事業メーカーから順調に受注を伸ばしております。「AMSシリーズ」は、リアルタイム性、チップスケール実装による導入コストの削減、ヘリウムなどのキャリアガス不要による運用コストの大幅削減が評価されています。

今回、天然ガスの主戦場である海外市場向けの戦略製品開発と営業チャネルの海外拡大の為に、米国を中心に資金調達を実施し、シリコンバレーの有力VCであり、大型IPO(※)経験の豊富なWRV社から資本参加を得る運びとなりました。

今後、天然ガス中の11の成分をリアルタイム測定する「AMS-P1」の試作品を2014年8月にリリースし、年度末を目処に製品化を完成させ、エネルギー市場への本格参入を開始する予定です。資金の一部はチップスケールの光学式非侵襲血糖値測定装置開発に投入いたします。

(※)Initial Public Offering:未上場企業が、新規に株式を証券取引所に上場し、投資家に株式を取得させること。


■Walden Riverwood Ventures, L.P. について
WRV社は、世界規模でのコア技術を持つ会社への投資にフォーカスしたベンチャーキャピタルです。シリコンバレーに拠点を置く有力VC、Walden International社とコア技術に特化したグローバルな投資会社であるRiverwood Capitalの協力により設立されました。当社の設立パートナー達は、投資先企業群に深い業界知識、広い人脈と卓越した経営経験を提供します。WRV社は、複数の産業分野に貢献出来るようなコア技術を開発しているアーリーステージの会社への投資をリードインベスターとして主導します。米国カリフォルニア州のメンローパークに拠点を置いています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング