バレエの美しさと健やかなライフスタイルをまるごと体感! 新しいバレエ複合施設「(仮称)チャコット勝どきスタジオ&カフェ」 バレリーナの体を作る「バレエ・フード」や現役バレエダンサーが教える「バレエスタジオ」も!

@Press / 2014年7月29日 11時0分

チャコット勝どきスタジオ&カフェ
 芸術文化としてのバレエの発展を支えるとともに、バレエ・ダンスを通じた「健康と心の豊かさの創造」を目指すチャコット株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長:山田 博明)と、東京都中央区及び江東区を中心とした湾岸エリアの活性化を支援する三井不動産レジデンシャル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤林 清隆)は、共同で東京都中央区勝どきにバレエの美しさと健やかなライフスタイルをまるごと体感できる、新しい複合商業施設「(仮称)チャコット勝どきスタジオ&カフェ」を2014年11月にオープンします。同施設は、勝どきを中心とした中央区民のコミュニティスポットとして、また日常的にバレエを感じられる新たな情報発信拠点となることを目指し、地域の皆さまとともに、街の文化形成に努めてまいります。


■バレエの美しさと健やかなライフスタイルをまるごと体感できる、
 新しいバレエ複合施設!
 「(仮称)チャコット勝どきスタジオ&カフェ」は、バレエの美しさと健やかなライフスタイルをまるごと体感できる新しいバレエ複合施設です。地上3階建てのこの施設には、従来チャコットが運営してきたバレエ・ダンスショップと大人向けバレエ・ダンススタジオに加え、子供向けバレエ講座とリトミックを中心に構成するスタジオと、“バレリーナのヨガ”とも言われているエクササイズ「ジャイロキネシス(R)」専用ルームも開設。2~3階の2層にわたってスタジオを展開します。
 また2階のスタジオの隣には、「バレエ・フード」をテーマにしたダイニングカフェを併設。バレリーナの体を作り、維持する“おいしく食べて、しっかり身体を作る”バレエ・フードは、バレリーナの美しい身体に憧れる一般の方もお楽しみいただけるメニューで構成します。スタジオとカフェは、境界を仕切る可動壁を取り払うことで、空間を一体化することができ、「バレエ・フード」を味わいながら、バレエやダンスパフォーマンスを見ることができる、バレエを見て・食べて・参加して・楽しめる空間を創造してまいります。
 「バレエ・フード」で使用する食材には、チャコットのバレエ用品の製造拠点である長野県上田市や青木村を中心とした東信・北信地方の農産物を主に使用し、生産地が確かで安心・安全な食事を提供します。さらに3階のスタジオの屋外は屋上テラスとして、地域の皆さまへのフリースペースとして提供するほか、屋上菜園も開設。この菜園では周辺住民の子供たちが野菜やハーブを育てる食育講座も実施予定で、自分が育てた野菜で料理された食事を2階のカフェでお召し上がりいただけます。
 1階にはチャコットのバレエ・ダンスショップのほか、同じくオンワードグループの株式会社サクラが運営する自転車ショップ「SAKULA(サクラ)」も同時出店。近年の健康志向や、環境負荷の低減などから自転車への関心が高まる一方、中央区から江東区の湾岸エリアはサイクルスポットとしても注目を集めています。こうした環境に鑑み、チャコットは今回の複合施設に「SAKULA」が同居することで、地域への貢献度を高めることができると考え、同時出店するにいたりました。チャコットのショップも、バレエ・ダンスに触れるきっかけとなれるショップ作りを目指し、バレエを普段していない方も取り入れやすいバレエテイストの雑貨類も新たに展開を始めます。またチャコットの舞台用コスメ「チャコット フォープロフェッショナルズ」は、今や購入者の7割が一般の方で占められているほど、働く女性を始め、舞台ニーズ以外でも支持が高い商品で、メイクアドバイザーのメイク講習も随時開催します。もちろん、バレリーナを美しく見せるデザインと機能を追求してきたチャコットならではのレッスンウェアを始め、バレエ・ダンス用品も幅広く取り揃え、初めての方からプロまでのニーズに応えてまいります。

@Press

トピックスRSS

ランキング