サイレックス・テクノロジー、文教市場向けにSKYMENU Class対応の無線LANアクセスポイント『SKY-AP-300AN』を発表

@Press / 2014年7月31日 15時0分

『SKY-AP-300AN』
サイレックス・テクノロジー株式会社(本社:京都府精華町、代表取締役社長:河野 剛士、以下 サイレックス)は、Sky株式会社(本社:大阪市淀川区、以下 Sky)が提供するタブレット対応授業支援ソフトウェア『SKYMENU Class』に対応した製品としてインタラクティブ画像伝送対応 無線LANアクセスポイント『SKY-AP-300AN』(定価:オープン、以下 本製品)を9月初旬に発売します。


本製品は『SKYMENU Class』動作環境における無線LANアクセスポイントとして動作確認済み製品です。また、『SKYMENU Class』にサイレックスのUSB Virtual Link技術を組み込むことにより、ワイヤレスディスプレイ連携機能に対応しており、『SKYMENU Class』の投影ボタンクリックにより無線で画像送信が行えます。

本製品は、教育の情報化ビジョンに沿ってICT化が進む小・中・高等学校の普通教室において、第2期教育振興基本計画のゴールとされる、教室の無線LAN環境整備および電子黒板とタブレット端末の連携による無線での教材提示を1台で実現します。タブレット端末と本製品間にケーブル接続などは一切不要なため、学校の授業で重要視される、机間巡回授業のスタイルも失うことはありません。


【本製品の特長】
WPA2-Enterprise/802.1x/MACアドレスフィルタなどの業務用途で必要になる高度なセキュリティ機能を搭載したアクセスポイント(親機)で56台までの無線LAN機器(タブレット端末などの子機)が接続できます。
本製品にはHDMIインタフェースが搭載されているのでインタラクティブ画像伝送機能により、Windowsタブレットの画面を電子黒板、短焦点プロジェクタなどに無線LANで投影できます。また、本製品に搭載のUSBインタフェースと電子黒板のタッチ信号出力I/FをUSBで接続することにより、タッチ信号も無線化できます。電子黒板で操作したタッチ動作は画面を投影しているWindowsタブレット側に同期します。

※Sky社製『SKYMENU Class』からのみ使用可能な製品ですのでご注意ください。


■SKYMENU Classご利用環境以外でのご使用について
『SKY-AP-300AN』はSKYMENU Class利用環境専用の製品です。SKYMENU Classご利用環境以外では当社ブランドのNetwork Display Adapter『SX-ND-4350WAN』をご利用いただけます。

@Press

トピックスRSS

ランキング