6Wunderkinder、「Wunderlist 3」を発表

@Press / 2014年8月1日 11時0分

iPad
*本リリースは6Wunderkinder GmbHが7月31日(現地時間)付けで発表したプレスリリースの抄訳版です。

6Wunderkinderは本日、ToDo リスト管理アプリ「Wunderlist (読み:ワンダーリスト)」の最新バージョン「Wunderlist 3」 を発表いたしました。「Wunderlist 3」は単なるアップデートではなく、現在800万のユーザーを有し、累計4億5,000万のToDo リストが作成された「Wunderlist」にとって大きな飛躍となります。新しいデザイン、リアルタイム同期や60項目以上の改良をはじめ、全面的に再設計されたアーキテクチャにより、「Wunderlist 3」はさらなる進化を遂げました。今回のアップデートで新たにパブリックリスト機能が追加され、オンラインでToDo リストを作成、発見、共有することが可能となりました。「Wunderlist」は世界中の全てのToDo リストが集まる場所となります。

6Wunderkinderの創業者兼CEOで、Wunderlistの開発者でもあるChristian Reber (クリスチャン・レーバー) は次のように述べています。
「『Wunderlist』はユーザーがToDo リストを作成・管理できる機能を常に提供してきました。今回の『Wunderlist 3』では、ユーザーが世界中のリストの中から他のユーザーの情報を見つけ、そこから有益な情報を得られるようなプラットフォームを導入しています。好きな人との買い物リストの共有や、ハワイのお気に入りのレストランのパブリックリスト作成が、これまで以上に簡単になりました。」

パブリックリストにより、好きなことや知りたいことのリストを共有し、自分を取り巻く世界を刺激し、情報を提供し、影響を与えることが可能になります。Twitterに『ヨーロッパ旅行に最適なパッキングリスト』を投稿したり、ブログで『史上最高のミュージカル映画トップ10選』を紹介する際に、「Wunderlist」が世界中のリストを作成、管理、発見できる場所となります。リストを公開するとすぐに、Twitter、Facebook、Google+、メールで共有できるようになり、さらにはブログやウェブサイトに埋め込むことも可能です。オンラインでパブリックリストを見つけたら、「Wunderlistに追加」ボタンをクリックするだけで自分の「Wunderlist」に簡単に保存できます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング