9月6日、7日開催のアジア最大級Scalaカンファレンス「ScalaMatsuri 2014」入場チケット販売、LightningTalkのスピーカー募集開始

@Press / 2014年8月1日 10時0分

Scala作者のMartin Odersky教授(講演予定)
一般社団法人Japan Scala Association(理事長:水島 宏太)は、プログラミング言語Scalaのカンファレンス「ScalaMatsuri 2014」を9月6日、7日の2日間、グリー株式会社(六本木ヒルズ)にて開催します。これに伴い、入場チケット(1日目、2日目共通)の販売を8月1日より開始します。また、あわせてLightningTalkのスピーカーを8月21日まで募集します。

「ScalaMatsuri 2014」入場チケットの購入窓口
http://scalamatsuri.org/


■Scalaとは
Scalaは2003年にMartin Odersky教授によって開発されたプログラミング言語です。オブジェクト指向言語と関数型言語の特徴が統合されており、Java仮想マシン上で実行されます。近年、Twitter、LinkedIn、グリー、ドワンゴなど国内外のWeb企業において、採用が急速に進んでいます。


■「ScalaMatsuri 2014」概要
今年のScalaMatsuriのテーマは「Enjoy.scala」です。

1日目の9月6日は、Scala作者のMartin Odersky教授による講演のほか、LinkedInのPlay Framework事例紹介や、高速な分散処理基盤Sparkの紹介、ビルドツールsbtの紹介、その他Scalaのフレームワーク・ライブラリの紹介、Scala初学者向けの講演などを行います。また、英語講演については、同時テキスト翻訳が提供されます。

2日目の9月7日は、アンカンファレンスの開催を予定しており、当日に発表したい内容や聞きたい内容の募集をしながら、少人数ごとに分かれて座談会形式で進行します。1日目には無い入門ワークショップや、関数型プログラミング専用ライブラリScalazに関する非常にマニアックなトークなどが実現されるかもしれません。

【「ScalaMatsuri 2014」開催要項】
場所   : グリー株式会社(六本木ヒルズ)
日時   : 2014年9月6日~9月7日
主催   : ScalaMatsuri 2014準備委員会、
       一般社団法人Japan Scala Association
テーマ  : Enjoy.scala
Webサイト: http://scalamatsuri.org/
      1日目のタイムテーブルについて
      http://scalamatsuri.org/ja/program/
      2日目のアンカンファレンスについて
      http://scalamatsuri.org/ja/unconference/
入場料(1、2日目共通) : 一般6,000円(税込) 学生3,000円(税込)
入場チケットの購入窓口: http://scalamatsuri.org/

【LightningTalk スピーカー募集要項】
応募期間    : 2014年8月21日まで
テーマ     : Scalaに関係していれば何でも
発表時間    : 5分程度を予定
諸注意     : スライドは原則英語表記
          発表は日本語で問題なし
          カンファレンス終了後に発表スライドを
          ScalaMatsuri Webサイト上で公開予定
詳細及び応募窓口: http://scalamatsuri.org/ja/call-for-speakers/


■団体概要
団体名 :一般社団法人Japan Scala Association
代表者 :理事長 水島 宏太
所在地 :東京都千代田区
設立  :2013年1月
事業内容:カンファレンスの運営


【問い合わせ先】
広報E-mail: info@scalamatsuri.org
担当者  : 副理事 麻植 泰輔

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

LinkedInのYevgeniy Brikman氏(講演予定)

@Press

トピックスRSS

ランキング