情報流通支援サービスのオークネット、中古車/バイク事業を支える新システムのデータベース基盤に「Oracle Database Appliance」を採用〜460万台の車両データをはじめリアルタイムで変動するデータの迅速な処理と ハードウェア保守費用などにかかるコストの削減を実現〜

@Press / 2014年7月31日 11時30分

 日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長 兼CEO 杉原 博茂、以下 日本オラクル)と株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 大塚 辰男、以下 アシスト)は、オラクルの高可用性データベースとハードウェアを一体化したエンジニアド・システム「Oracle Database Appliance」が、株式会社オークネット(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:藤崎 清孝、以下 オークネット)の中古車/バイク事業を支える新システムのデータベース基盤として採用されたことを発表します。

 1985年に世界で初めて通信による中古車の電子商取引「TVオークション」を開始したオークネットでは、全国の現車オークションとの提携による「ライブオークション」、AIS*評価書付販売やインターネット・ユーザ誘致を図る「小売り支援」など、常に最先端のIT・ネットワーク技術を駆使した多彩なサービス内容で、中古車販売業者、ディーラー、輸出業者などBtoB会員の経営を総合的に支援しています。また、中古車のTVオークションで培ったノウハウを、バイク、花き、デジタル機器、ブランド品、医療機器事業へと順次展開するとともに、常に新規事業領域の開拓も行っています。
*AIS(Automobile Inspection System):検査の公平性を保つためにオークネットから独立した検査専門機関として設立。

 オークネットの中核である中古車/バイク事業では、会員企業がオークションに出品するためのWebサービスなど約10におよぶフロントシステム、車両に関する情報を管理する業務系システム、請求処理や会員情報などを管理する基幹システム、そして自社および全国107会場で開催される他社のオークション情報など、24時間365日リアルタイムに変動する情報を迅速に同期化、最新化するために、「Oracle Database Standard Edition」を利用したデータハブ・システム(以下、データハブ)を設置し、システム間のデータ連携を行ってきました。構築から6年経過していたデータハブは、ハードウェアの老朽化や、460万台もの車両データや過去10年にわたり蓄積された膨大なオークション関連データに繰り返し行われる参照、更新操作に伴いパフォーマンス面で課題が出始めていました。また、データハブと連携し、会員情報や請求情報を管理している基幹システムも構築から8年経過し、ニーズに応じた機能拡張が難しくなっていたため、オークネットではデータハブだけでなく、業務系/基幹システムも含めた全面的なシステム刷新を検討することになりました。

@Press

トピックスRSS

ランキング