西川リビング、第8回キッズデザイン賞にて「子ども視点の安全安心デザイン 子ども部門」奨励賞をダブル受賞!

@Press / 2014年8月4日 13時15分

キッズデザインマーク
 寝具・寝装品メーカーの西川リビング株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:宮川 一幸)は、キッズデザイン協議会<内閣府認証NPO、会長:和田 勇(積水ハウス株式会社 代表取締役会長兼CEO)>が主催する、第8回キッズデザイン賞「子ども視点の安全安心デザイン 子ども部門」で、キッズ用寝具【BODY ZERO KIDS(ボディゼロキッズ)シリーズ】と、子どもたちの正しい睡眠習慣づくりを推進する活動【はじめよう眠育】が、第8回キッズデザイン賞 奨励賞「キッズデザイン協議会会長賞」をダブル受賞したことをお知らせ致します。これは、2014年8月4日(月)に東京 六本木アカデミーヒルズで行われた第8回キッズデザイン賞の記者発表会および表彰式で発表されたものです。なお、キッズ用寝具としては初の受賞となります。

 当社は2014年2月22日より、子どもたちの正しい睡眠習慣づくりを推進する【BODY ZERO KIDSシリーズ】を発足し、成長期の子どもたちの眠りをサポートする【BODY ZERO KIDSシリーズ】を全国の有名百貨店、寝具専門店、量販店などで販売中です。

 今回の「キッズデザイン賞」受賞をきっかけに、「眠育」のさらなる認知拡大を目指すとともに、長年にわたる眠りの研究成果をもとに、子どもの理想の睡眠環境を追及して参ります。


■「キッズデザイン賞」とは
 子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン、創造性と未来を拓くデザイン、そして子どもを産み育てやすいデザインの顕彰制度で今年8年目を迎えます。乳幼児用や玩具などの子ども向けの製品・サービスに限らず、大人向けでありながら子ども目線を持った、良質な商品や施設、プログラム、調査研究活動なども対象となります。同賞は2014年3月3日~5月7日まで作品を募集し、書類による第一次審査、審査委員会(委員長:益田 文和)による現物の第二次審査を経て、受賞作品が発表されました。

・主催:特定非営利活動法人 キッズデザイン協議会
・後援:経済産業省


■【BODY ZERO KIDSシリーズ】について
<BODY ZERO KIDS マット> 本体価格35,000円+税
・中材は子どもの眠りを考えた二層構造で、体圧分散&寝返りをサポート
・ムレ防止の工夫が満載!汗をかいても不快感を軽減
 (1) 側生地は通気性のよいメッシュとニット生地を採用
 (2) 中材は通気性のよい無膜ウレタンと
   通気スリットをあけた硬質ウレタンで湿気がこもりにくい
 (3) マットの底に吸湿シートを入れることで万全のムレ対策
・中材が二層構造のしっかり仕様で、成長期の身体をしっかりと支える

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング