空冷シングルモードファイバレーザ溶接機として業界初!光パワー高速デジタルフィードバック制御機能を搭載 ファイバレーザ溶接機 LW-F300発売

@Press / 2014年8月5日 16時0分

ファイバレーザ溶接機 LW-F300
 日本アビオニクス株式会社(本社:東京都品川区、社長:秋津 勝彦)は、スマートフォンをはじめとする情報機器やエコカーの需要増加に伴い軽量化・エレクトロニクス化が加速する自動車向けの、電子部品・二次電池・燃料電池などの製造において、金属材料の微細溶接を非接触で行う【ファイバレーザ溶接機 LW-F300】を8月5日より発売いたします。

http://www.atpress.ne.jp/releases/49567/img_49567_1.png

 当社は、世界で唯一(*)「抵抗溶接」、「レーザ溶接」、「パルスヒートはんだ付け」、「超音波溶着」の4種類の工法の溶接機をラインアップしている精密接合装置の総合メーカです。溶接形状・サイズ・強度・外観などのご要望に応じた最適な溶接工法の提案や、複数の溶接工法を組み合わせた複合溶接の提案を行うなど、ニーズに合わせた最適な接合ソリューションを提供しています。

 近年需要の高まっているレーザ溶接機の中でも、ファイバレーザ溶接機はビーム径が細くエネルギー密度が高い特長を持ち、微小な溶接物や反射率の高いアルミや銅の薄板などを高品質に溶接できます。
 今回の新製品は、空冷構造のシングルモードファイバレーザ溶接機として初(*)の光パワー高速デジタルフィードバック制御機能(制御周期 2μsec)を搭載することで、高い溶接性にきめ細かい安定性を付加しました。

* 2014年8月現在、当社調べ


<新製品による溶接アプリケーションとメリット>
■アルミケースの封止
・二次電池 アルミ缶×アルミ蓋
http://www.atpress.ne.jp/releases/49567/img_49567_2.jpg

【メリット】
・アルミ材の採用が可能になり、電池が軽量化
・システム価格を抑えながら、生産性および溶接品質を向上

■薄板の溶接
・二次電池 ラミネート(ステンレス箔)
http://www.atpress.ne.jp/releases/49567/img_49567_3.jpg

・燃料電池 金属セパレータ
http://www.atpress.ne.jp/releases/49567/img_49567_4.jpg

【メリット】
・微細な溶接幅による小型化・省スペース化
・高密度が求められる燃料電池デザインに対応

■ダイオード端子の溶接

【メリット】
・ビーム径が細いため、樹脂部の損傷無し

■二次電池 電池タブの溶接

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング