通信添削学習ドラゼミ 単独インタビュー『STAND BY ME ドラえもん』山崎 貴監督 ~ 想像力を広げたのは小さい頃の「作文」と「読書」 ~

@Press / 2014年8月8日 10時0分

『STAND BY ME ドラえもん』(C) 2014「STAND BY ME ドラえもん」製作委員会
 通信添削学習サービスの「ドラゼミ」を運営する、株式会社小学館集英社プロダクション(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:紀伊 高明)は、ドラゼミを受講するご家庭に配布する会報誌「月刊ドラゼミ8月号」の特集として、映画『STAND BY ME ドラえもん』の山崎 貴監督へのインタビューを実施しました。
 特集では、山崎監督が今回の映画に込めた想いや、映画を制作された際の裏話の他にも、「読書」や「作文」が大好きだった山崎監督の子どもの頃のお話など、ここでしか読めないドラゼミの単独インタビューによる記事が掲載されています。

※「月刊ドラゼミ8月号」は、通信添削学習ドラゼミの8月号の教材と一緒にお届けします。


■映画『STAND BY ME ドラえもん』について
●作品概要
 2014年8月8日(金)公開。『ALWAYS 三丁目の夕日』や『永遠の0』などを手掛けたヒットメーカー山崎 貴氏を監督・脚本に迎え、シリーズ初の3DCG作品にして「泣けるドラえもん」と話題を呼んでいる。

●ストーリー
 何をやらせても冴えない少年のび太の前に現れたのは、22世紀から来たのび太の孫の孫セワシと、ネコ型ロボット・ドラえもんだった。のび太の悲惨な未来を変えるため、お世話係として連れて来られたドラえもんだったが、乗り気じゃない。そこでセワシはドラえもんに“成し遂げプログラム”をセットして、のび太を幸せにしない限り、22世紀に帰れなくしてしまう。
 果たして、のび太は幸せになり、ドラえもんは22世紀に戻れるのか。

<映画『STAND BY ME ドラえもん』公式サイト>
http://doraemon-3d.com/


■山崎監督からお子さんたちへのメッセージ
~「まずは本を読もう!」「活字から何かを想像することは、とても重要」~
 小さい頃から面白いものを作ってみんなを驚かせることが好きだったという山崎監督は、文章を書くことも大好きで、小学校5年生で行った林間学校の感想文を書く宿題の際に、50枚もの作文を書き、周囲を驚かせました。

 山崎監督はインタビューで「この時の『やり遂げた!』という達成感は、今でも力になっていると感じます。翌年の修学旅行で250枚提出した時は、さすがにみんな驚きを通り越してあきれていましたけど(笑)」と述べています。
 また、「子どもの頃はとにかく本をたくさん読んでいました。小さい頃にたくさんの活字に触れるというのは、大人になってからとても役に立ちます。活字からなにかを想像することって、とても重要なことなんです。」と文章を書くことと同じくらい大切にしていたのは「読書」であることもお話ししていただきました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング