ムダだらけの会議にサヨナラ!メールが減る! Microsoft SharePoint および Outlook と連携した会議アプリ AvePoint Meetingsの最新版の提供開始

@Press / 2014年8月13日 13時0分

AvePoint Meetings ロゴ
次世代ソーシャル コラボレーション プラットフォームを対象に、エンタープライズクラスのビッグデータ管理、ガバナンス、コンプライアンス実現のためのソフトウェア ソリューションを提供する AvePoint (本社:米国ニュージャージー州ジャージーシティ) の日本法人 AvePoint Japan 株式会社 (本社:東京都港区高輪、代表取締役:塩光 献、URL : http://www.avepoint.co.jp/ ) は、本日 8 月 13 日より、コラボレーションプラットフォーム Microsoft(R) SharePoint と Microsoft Outlook(R) と連携して会議の生産性を最大化するアプリの最新版である AvePoint Meetings 3 サービスパック (SP) 1 CU1 の国内提供を開始しました。会議の事前準備・開催・フォローの一連のプロセスを簡素化し、関連コンテンツを一点集約することにより、会議にかかわるアクションをよりスムーズに実行可能にするとともに、関連するメールの本数を減らすことを可能にします。今回リリースされたバージョンでは、Outlook のアドイン機能、リッチ テキスト エディター機能が追加されました。


長時間労働の見直し、ワークライフバランスの実現への取り組みが社会全体の課題となっている現在、組織の労働時間や生産性のキーとなるのが会議だと考えられます。全体業務に対する会議の割合は決して小さくなく、また、大企業ほど長時間になる傾向があります。全体業務に対する会議の占める割合は全体で 15.4 %、5,000 人以上の規模の企業では 17.3 %にものぼるという調査結果もあります (株式会社NTTデータ経営研究所調べ※1)。


Meetings は、会議にかかわる様々な課題を解消して、会議運営の生産性向上を支援するツールです。具体的には、会議にまつわるコンテンツ (アジェンダ・議事録・決定事項・アクション アイテム) を SharePoint 上の Meetings アプリ内に一点集約し、関係者内で共有することを可能にします。これにより、会議招集・関連資料の共有・担当者へのタスク割り当てとフォロー状況の確認といった一連の作業を、行方不明になりがちなメールに頼りすぎることなく実行することができます。モバイルやクラウドサービスなどのテクノロジーを導入することで、働き方を変えて新たな価値の創出に取り組む企業が増えている昨今、当社では本製品がその一助となればと考えています。

@Press

トピックスRSS

ランキング