カナダ・トロント小児病院が北米初の無切開骨腫瘍手術に成功!

@Press / 2014年8月19日 15時30分

トロント小児病院の外見
カナダ・オンタリオ州のトロント小児病院(The Hospital for Sick Children, SickKids)*1は本日、骨腫瘍子ども患者の無切開手術に成功したと発表しました。この手術治療は成人の子宮筋腫や移転性骨腫瘍に施されていますが、子どもの骨腫瘍手術への適用は北米で初めてとなります。

今回、トロント小児病院が行った無切開の骨腫瘍手術は磁気共鳴映像法(MRI)で腫瘍の位置を確定し、超音波を一点に集めて高いエネルギーを作り、高温で腫瘍を破壊するという高密度焦点式超音波治療法です。従来の方法とは異なる非侵襲治療法のため、皮膚や周囲の骨は損なわれず、感染などの併発リスクも大きく軽減されます。また、CTスキャンの代わりにMRIを使用したことで、患者が被ばくする怖れがありません。この治療法は併発リスクを軽減し回復時間を短縮するのみならず、患者の痛みを大幅に緩和することができます。

今回、手術を受けたのは、オンタリオに住むスポーツ好きの16歳の少年、ジャック・カンパニーレ(Jack Campanile)君です。ジャック君は、術後の数時間のうちに退院し、その夜は久しぶりに痛みにも悩まされず、ぐっすり眠れたと笑顔で語ってくれました。

医療技術開発の最前線に立つトロント小児病院の画像誘導技術開発・治療センター(Centre for Image-Guided Innovation &Therapeutic Intervention , CIGITI)のセンター長で、今回の手術リーダーの一人、ジェームズ・ドレイク(James Drake)博士は、「手術には何年もの共同作業や調整作業を要しましたが、技術的にも組織的にも偉業と言える成果を出せたのは喜ばしい事です。この治療技術を生かし、軟部組織腫瘍、小児の脳卒中、てんかんなどを含む医療や外科手術分野に、新たな非侵襲治療法を開発することは非常に有望だと期待しています」と述べています。

トロント小児病院の快挙を受け、オンタリオ州政府、レーザ・モリディ(Reza Moridi)研究革新省大臣は、以下の声明(一部抜粋)を発表して同病院の医療チームを称賛しました。

「トロント小児病院は科学の新境地を開拓したばかりでなく、更に重要なことは、16歳の少年の痛みを即座に緩和するという、画期的な偉業を達成したことです。
今回の偉業に貢献した20人以上から成る医師、科学者、技士、看護師、麻酔医のチームの中でも、私は、画期的な治療法を成功に導いたジェームス・ドレイク博士と、同病院のインターベンショナル・ラジオロジーの医師、マイケル・テンプル (Michael Temple)博士達のリーダシップを称賛したいと思います。
今回の功績は、オンタリオ州に極めて優秀な研究者がいて、更に、同州が世界的に有名な研究所を支援している意義を確かに裏付けるものと自負するものです。そして、このような画期的な治療法を可能にする研究資金を提供し続けていることを光栄に思います。
今後、患者のジャック少年ができるだけ早く快方へ向かい、また彼の好きなスポーツであるスノーボーディングやホッケーができる日が日一日も早く来ることを祈ります」

@Press

トピックスRSS

ランキング