手書きメモをクラウドに簡単保存できる「CamiApp S メモパッドタイプ専用ケース ブックマークホルダー」と必要な物を一つにまとめてオフィス内を移動できるバッグ「たためる打合せバッグ for CamiApp S」を8月21日発表

@Press / 2014年8月21日 14時0分

CamiApp S メモパッドタイプ専用ホルダー
バリューイノベーション株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:南 和繁)は、機能的なデザインで、快適なライフスタイルを提案する「abrAsus(アブラサス)」から、コクヨS&T株式会社(所在地:大阪府大阪市東成区、代表取締役社長:森川 卓也)が販売するデジタルノート「CamiApp S(キャミアップ エス) メモパッドタイプ専用ケースブックマークホルダー」と、「CamiApp S」やA4ファイル、ノート、ペンケース、ペットボトルなどを一つにまとめることができるオフィス内移動用バッグ「たためる打合せバッグ for CamiApp S(キャミアップ エス)」を2014年8月21日に発表いたします。


【開発の背景】
「CamiApp S」の開発を聞いた「abrAsus」デザイナー南 和繁・アルファブロガー いしたにまさき・同じくアルファーブロガー コグレマサトの3人が、「書きたいときにすぐ最新ページに書けるようにしたい」「専用ペンも一緒に持ち運べたほうが良いのでは」「社内の移動が快適になるバッグがあればいいのでは」などという何気ない会話から、開発が始まりました。


【「たためる打合せバッグ for CamiApp S」の商品特徴】
資料やメモ帳、ペンケース、ペットボトルなどを持ってオフィス内を移動するためのバッグを追求しました。前面のポケットには、ペットボトル、「CamiApp S」専用ペン、ペンケースや小物を収納。本体中央にはコクヨS&T株式会社のデジタルノート「CamiApp S」(ノートブックタイプ、メモパッドタイプ)を横に入れることができます。本体背面のポケットは、A4ファイルやノートなどを縦にして入れることが可能です。必要な物を入れておき、さっと肩にかけてすぐに移動することができるように、バッグ本体にはショルダーストラップを付属しました。バッグ本体は「CamiApp S」がぴったり入るサイズになっているので、必要な物を入れた状態で大きめのトートバッグなどにそのまま入れられる、バッグインバッグとしても使用可能です。また、使用しないときには折りたためるよう、背面にホックを用意。普段使いのバッグに入れておけば、必要なときにすぐに取り出して使えるサブバッグにもなります。


【「CamiApp S メモパッドタイプ専用ホルダー」の商品特徴】
本格国産牛革を使った高級感溢れる「CamiApp S メモパッドタイプ専用ホルダー」です。表紙が捲れてしまわないように、表紙抑えのパーツを装備。持ち運ぶときにも、メモを取るときにも表紙がじゃまになりません。専用ペンホルダーは左右どちらからでも脱着が可能となっており、右利きの方、左利きの方のどちらでも問題なくご使用いただけます。また、専用ペンを「CamiApp S」と一緒に持ち運ぶことができるため、バッグへの出し入れが快適になるだけでなく、メモを取るときにペンを探す必要がなくなります。目的のページをすぐに開けるように、シオリの機能も搭載。必要なメモを閲覧しやすく仕組みも用意しました。「CamiApp S」をより快適に利用できるホルダーです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング