小説のデータ解析を選考に活用!「第1回CRUNCH NOVELS新人賞」の受賞者が佐久本庸介氏(30)に決定

@Press / 2014年8月20日 17時0分

CRUNCH NOVELS新人賞
 株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン(所在地:東京都千代田区、取締役社長:干場弓子)と、CRUNCHERS株式会社(所在地:東京都江東区、代表取締役CEO:石井大地)は、2014年8月20日、両社が共同開催する小説新人賞「第1回CRUNCH NOVELS新人賞」の受賞者を、山梨県在住の佐久本庸介氏(30)に決定しました。受賞者は今後、両社編集チームと共同でデビュー作を創作し、出版に向けて動き出します。さらに、3名の最終候補者に奨励賞が授与され、編集チームのサポートのもとで小説の出版に向けて動き出します。
 また同日、本賞の予備選考に用いたテキスト解析による小説作品の評価方法について、CRUNCHERSがその概要を発表しました。


◆開催の背景
 CRUNCH NOVELS新人賞は、売上不振にあえぐ文芸出版市場に一石を投じるために開催された、まったく新しい小説家デビューの登竜門です。
 ディスカヴァー・トゥエンティワンとCRUNCHERSの緊密な連携のもと、インターネットを通じた応募システム、データ分析を活用した選考、「作品より作家」を重視する選抜基準、受賞者と編集チームによるデビュー小説の共同創作など、従来の常識にとらわれない斬新なアプローチで、多くの読者に感動を与える作品づくりにあたることを目的としています。


◆第1回CRUNCH NOVELS新人賞の審査の経緯
 CRUNCH NOVELS新人賞は、「作品ではなく作家」を募集する新しいタイプの小説新人賞として、2013年11月29日より、CRUNCHERSが運営する小説投稿サイト「CRUNCH MAGAZINE(クランチマガジン、 https://i.crunchers.jp/ )」上にて募集を開始しました。2014年4月30日の応募締切までに、合計878名の方の応募をいただきました。
 ディスカヴァー・CRUNCHERS両社編集チームによる審査と、CRUNCH MAGAZINE上のデータを活用したテキスト解析・ランキングアルゴリズム(後述)を組み合わせた独自の予備選考を経て、2014年5月31日に12名の本選考進出者を発表。2014年7月30日には、本選進出者の提出した小説出版企画と人物についての、両社経営陣による厳正な本選考の結果として、最終選考進出者6名を発表いたしました。
 2014年8月10日に実施された最終選考会では、両社編集チームと、6名の最終候補者による面談を行い、候補者の人物、創作技術、出版を企図している小説の価値について、評価・検討を行いました。
 その結果、8月20日に、本賞の受賞者を、山梨県在住の佐久本庸介氏(30)に決定するに至りました。佐久本氏はデビュー作となる小説出版の権利と、その前渡し金に相当する50万円の賞金を獲得します。
 また同時に、最終候補者であるrma(あるま)氏、高野まどか氏、佐川恭一氏に奨励賞を授与することが決定しました。奨励賞の対象となる3名の方については、今後も継続的に編集チームによるサポートのもと、現在提出している小説企画の出版を目指して動き出します。

@Press

トピックスRSS

ランキング