株式会社しいの食品との共同開発:「まぐろ酒盗」を新発売 「まぐろ酒盗」35g(7g×5)/10袋×3入

@Press / 2014年8月21日 16時0分

商品デザイン表面
日本酒類販売株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:松川 隆志)は、株式会社しいの食品との共同開発により、「まぐろ酒盗」を、8月25日より全国にて発売致します。


◆しいの食品「まぐろ酒盗」について
“日本酒市場の活性化”の願いを込め株式会社しいの食品と共同開発し、約1年をかけて完成させました。「まぐろ酒盗」とは、まぐろの胃・腸を使った発酵食品です。原料に含まれる酵素により自然発酵し、半年から1年長期熟成することにより、うまみ成分であるアミノ酸を豊富に含んだ発酵食品となります。シニア日本酒愛飲層だけでなく若年層や、これまで酒盗を食べたことのない消費者にもトライアルしやすい小容量に小分けした食べきりサイズという手軽さが特長です。


◆パッケージについて
パッケージは、酒盗と日本酒の相性を考えたデザインで、家飲みを連想させる食卓のイメージを強調したデザインにしました。形態は、従来の瓶ではなく、取り扱いやすさを追求し、便利な食べきりサイズの袋入りにしました。身近な売場展開として、酒類売場での展開しやすいフック穴つきのつりさげ形態を採用しました。塩辛とは違い、常温での流通ができ、約1年間保存が可能です。


◆商品ラインナップ
「まぐろ酒盗」35g(7g×5) <10袋×3入段ボール>
JAN 4973925111969
参考小売価格:200円(税別)

魚から少量しか取れない希少な胃や腸を長期塩蔵熟成させた日本古来の発酵食品で、他社に先駆けて造り上げた「まぐろ酒盗」です。その深いコクとまろやかなうまみはキレの良いお酒との相性が抜群で、至福の時を醸し出します。


◆賞味期限 製造日から365日

◆発売開始 2014年8月25日(月)


◆当社概要
名称    : 日本酒類販売株式会社(略称:日酒販)
本社所在地 : 〒104-8254 東京都中央区新川1-25-4
設立    : 昭和24年(1949年)
資本金   : 40億円
代表者   : 代表取締役社長 松川 隆志
ホームページ: http://www.nishuhan.co.jp/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

商品デザイン裏面

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング