業界初の“低価格×高セキュリティー”なクラウドPBXサービス9月1日に提供開始~コールセンターなどのオフィスで活用可能~

@Press / 2014年8月25日 11時30分

パブリッククラウドPBXサービス イメージ図
Asterisk(アスタリスク)をベースとしたPBXを開発・販売するインフィニトーク株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役:伊藤 保勝、以下 インフィニトーク)は、9月1日より、パブリッククラウドPBXサービスを「スタンダード」と「アウトバウンド」の2プランで提供を開始します。

URL: http://www.infinitalk.co.jp/about-pbx/public_cloud


インターネットサービスは、通常、データを暗号化し高いセキュリティーのもと行われています。一方IP電話は、データ暗号化技術の標準化が遅れており、これまでセキュリティーを容易に確保することが難しく、電話番号などの個人情報流出や、会話を盗聴される危険性が潜んでいました。
インフィニトークでは、PBXおよびソフトフォンにTLS(Transport Layer Security)とSRTP(The Secure Real-time Transport Protocol)を採用したことで、セキュリティー対策装置の設置などに追加コストをかけることなく、低価格(※1)で、IP電話を安心してご利用いただけるコールセンター機能を搭載したクラウドPBXサービスを実現しました。

「スタンダードプラン」、「アウトバウンドプラン」ともに初期費用無料、月額29,160円(税込)で20席、2回線、1電話番号の小規模なプランからご利用いただけます。「スタンダードプラン」では、統計レポート機能および、リアルタイムモニタ機能を標準装備しました。また「アウトバウンドプラン」では、コールセンターの運営効率改善に繋がるオペレータの稼働状況に合わせて、電話番号リストから自動で発信されるオートコール機能を標準装備しています。

※1 2014年8月10日現在、当社調べ
関連情報: http://www.infinitalk.co.jp/about-pbx/public_cloud


■パブリッククラウドPBXサービス イメージ図
http://www.atpress.ne.jp/releases/50088/img_50088_1.jpg


■パブリッククラウドPBX プラン内容
http://www.atpress.ne.jp/releases/50088/img_50088_2.jpg

[回線数]
2回線から25回線の間でご契約可能

[席数] ※接続可能な電話機数
20席分のアカウントを設定済み

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング