仮想アプリケーション/デスクトップ環境に対応!View/XenApp/XenDesktop/RDS環境で利用可能となったシングルサインオン製品「ARCACLAVIS Ways SSO」V4.3をリリース

@Press / 2014年8月21日 12時0分

 システム基盤事業、エンタープライズ事業、公共事業の3つの事業を柱とし、ソリューションおよびサービスを提供しているジャパンシステム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:阪口 正坦、JASDAQ上場:証券コード9758、以下 ジャパンシステム)は、2014年8月21日、仮想アプリケーション、仮想デスクトップ環境に対応したシングルサイオン製品「ARCACLAVIS Ways SSO(アルカクラヴィス ウェイズ エスエスオー)」V4.3をリリースします。


 クラウドシステムの増加、仮想化環境の普及により、利用する時間・場所にとらわれずに業務を行える環境が整いつつあります。業務効率が上がり、トータルコストの軽減につながる一方、業務システムも増加し、各種システムのパスワード管理が課題となっています。
 管理するパスワードが増えた事により、各種業務システムのパスワードを付箋や手帳にメモをする、同じパスワードを使い回すなどの情報漏えいにつながる危険なパスワード管理が行われており、早急なセキュリティ対策が必要です。


 「ARCACLAVIS Ways SSO」は、現在運用中の環境を変更することなく導入ができる、「短期間」「低コスト」かつ「明日から始められる」シングルサインオン製品です。今回リリースする「ARCACLAVIS Ways SSO」新バージョンは、シンクライアントなど仮想化環境での利用を可能にするマルチセッション対応を行い、VMware Horizon View、Citrix XenApp/XenDesktop、Microsoft RDS を利用して接続した仮想アプリケーション・仮想デスクトップ上でもシングルサインオンを行えるようになりました。またWindows 8.1 / Windows Server 2012 R2やAndroid、iOSの最新バージョンのOSにも対応しました。
 ARCACLAVIS Ways SSOは、迅速な問い合わせ対応が求められるコールセンターや、アクセス権を制御した上でのID/パスワード管理を求められる金融機関、システムの利用に素早い対応が求められる医療機関、多くのシステムが存在する製造/流通業など、様々な業種のお客様にご導入いただいております。国産自社開発・保守の製品であり、イントラネットやクラウド環境で利用するWebシステムから、C/Sシステムまで非常に多くのアプリケーションに対応できる点をご評価いただいております。本リリースにより、対応環境をさらに拡大し、より多くのお客様の課題を解決できるソリューションをご提供します。

@Press

トピックスRSS

ランキング