マルハニチロ調べ 一緒に家飲みしたい有名人 1位「明石家さんま」さん

@Press / 2014年8月22日 8時0分

一緒に家飲みしたい有名人
マルハニチロ株式会社( http://www.maruha-nichiro.co.jp/)(所在地:東京都江東区豊洲3-2-20 代表取締役社長 伊藤 滋)は、2014年6月20日~6月25日の6日間で、全国の20歳~59歳の男女で、週に1回以上“家飲み”(自宅や友人・知人宅でお酒を飲むこと)をする人に対し、「家飲みに関する調査」をインターネットリサーチ(モバイルリサーチ)で実施し、1,000名の有効回答サンプルを集計しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)


◆家族とまたは一人で家飲みする頻度『週に1日以上』88.9%、友人・知人との家飲みでは14.1%

全国の20歳~59歳の男女(5,221名)に、どのくらいの頻度でお酒を飲んでいるか聞いたところ、『週に1日以上』(「ほぼ毎日」、「週に4~5日」、「週に2~3日」、「週に1日」の合計)は35.5%となりました。
続いて、週に1日以上お酒を飲む人(1,855名)に、シーン別に頻度を聞いたところ、『週に1日以上』の割合は、≪居酒屋など外で、お酒を飲む≫(以下、“外飲み”)で20.9%、≪家(自宅)で、家族とまたは一人でお酒を飲む≫(以下、“自宅飲み”)で88.9%、≪家(自宅や友人・知人宅)で友人・知人と飲む≫(以下、“友人・知人との家飲み”)で14.1%という結果になりました。


~~ 家飲み頻度の増減と、一緒に飲む相手 ~~
◆今年4月以降の家飲み “自宅飲み”は増加、“友人・知人との家飲み”は減少
◆“自宅飲み” 「一人で」が半数以上、“友人・知人との家飲み”は「同性の友だち」と 6割半

全国の20~59歳の男女で、週に1日以上家飲み(自宅や友人・知人宅でお酒を飲むこと)をする人(全回答者1,000名)に、居酒屋などでの“外飲み”や、自宅や友人・知人宅での“家飲み”について、消費税が増税された今年の4月以降、頻度が増えたか減ったか聞きました。
≪外飲み≫、≪自宅飲み≫、≪友人・知人との家飲み≫のいずれにおいても「変わらない」が最多回答となりましたが、『増えた』(「1日程度増えた」~「10日以上増えた」の合計)、『減った』(「1日程度減った」~「10日以上減った」の合計)に注目すると、≪外飲み≫は『増えた』10.3%、『減った』16.6%、≪自宅飲み≫は『増えた』17.6%、『減った』6.3%、≪友人・知人との家飲み≫では『増えた』7.3%、『減った』10.1%となりました。≪自宅飲み≫は減った人より増えた人のほうが多く、≪外飲み≫や≪友人・知人との家飲み≫は減った人のほうが多いようです。

次に、自宅でお酒を飲むとき、家族の誰と一緒にいるか聞いたところ、「一人で」55.1%が最も多く、次いで「配偶者」42.0%、「親(または義親)」22.2%が続きました。
また、友人・知人と家飲みをする人(705名)に、どのような友人・知人とお酒を飲むか聞いたところ、最多は「同性の友だち(パパ友・ママ友除く)」63.5%で、以下、「会社の同僚・先輩・後輩」31.3%、「異性の友だち(パパ友・ママ友除く)」19.7%、「恋人」17.4%、「子どもつながりの友だち(パパ友・ママ友など)」14.9%の順となりました。


~~ 家飲みの良いところ ~~
◆家飲みの良いところ 1位「リラックスできる」、2位「安くすむ」
◆女性の半数以上が「服装やメイクを気にしなくていい」を家飲みのメリットに
◆ママ友飲みをする人では「子どもも連れて行きやすい」3人に1人

全回答者(1,000名)に、家飲みの良い点とはどのようなところだと思うか聞いたところ、最多回答は「リラックスして飲める」88.8%で、以下、「外で飲むより安くすむ」78.1%、「(時間制限がないなど)のんびり飲める」64.6%、「(お店と違い)どの時間でも飲める」51.3%、「好きなTV番組を見ながら飲める」48.4%が続きました。
男女別にみると、女性では「服装やメイクを気にしなくてもよい」が55.0%と、半数以上が家飲みの良い点として挙げました。
また、パパ友飲み・ママ友飲みをする人についてみると、「飲んだ相手と打ち解けやすい」がパパ友飲みをする人(30名)では26.7%、ママ友飲みをする人(75名)では24.0%とそれぞれ4人に1人の割合となり、また、ママ友飲みをする人の3人に1人(32.0%)が「子どもも連れて行きやすい」を良い点として挙げました。


~~ 家飲みのお酒とおつまみ ~~
◆家飲みで飲むお酒 20代、30代女性では「チューハイ・カクテル」がトップ
◆おつまみ品数 自宅飲みでは平均2.6品、友人・知人との家飲みでは平均4.4品
◆自宅飲みでのおつまみは「食事のおかず」、友人・知人との家飲みでのおつまみは「菓子・珍味」
 20代女性は“コンビニ惣菜”、40代・50代男性は“缶詰”、“魚肉ソーセージ”でも家飲み
◆友人・知人との家飲みに掛けている費用 平均2,062円
◆手作りおつまみの参考 「レシピサイト」5割強、20代女性の3人に1人は「レシピアプリ」

それでは、家飲みでは、どのようなお酒が飲まれ、どのようなおつまみが食べられているのでしょうか。
全回答者(1,000名)に、家飲みをするとき、どのようなお酒を飲んでいるか聞いたところ、最多は「ビール・発泡酒・第三のビール」80.3%で、次いで「チューハイ・カクテル」54.8%、「ワイン」38.7%、「焼酎」37.1%、「梅酒・果実酒」32.6%が続きました。
男女別にみると、「チューハイ・カクテル」(男性45.2%、女性64.4%)や「梅酒・果実酒」(男性22.4%、女性42.8%)は女性のほうが飲んでいる割合が高く、特に、20代、30代の女性(「チューハイ・カクテル」20代女性79.2%、30代女性68.0%、「梅酒・果実酒」20代女性56.8%、30代女性45.6%)でその割合は高くなりました。

続いて、家でお酒を飲むときのおつまみについて聞きました。
まず、全回答者(1,000名)に、自宅飲みの際のおつまみ品数を聞いたところ、最多回答は「2~3品」で52.4%と半数以上となり、平均品数は2.6品でした。

また、自宅飲みでのおつまみはどのようなものか聞いたところ、最も多かったのは「食事のおかず」74.6%で、以下、「菓子・珍味」62.3%、「スーパーのできあい品(※1)」49.3%、「おつまみとして作った一品料理」28.1%が続きました。食事とともにお酒をたしなむ人が多いようです。
性年代別にみると、20代女性では「菓子・珍味」72.8%や「コンビニのできあい品(※1)」36.0%が他の性年代層に比べ高くなり、また、40代、50代の男性では「缶詰」や「魚肉ソーセージ」をおつまみにする割合が他の性年代層より高く、「缶詰」は40代男性25.6%、50代男性21.6%、「魚肉ソーセージ」は40代男性、50代男性ともに19.2%でした。
※1 「できあい品は、惣菜、刺身パック、サラダパックなど」と補足して聴取

次に、友人・知人と家飲みをする人(705名)に、友人・知人との家飲みでのおつまみ品数を聞いたところ、「2~3品」41.1%、「4~5品」36.9%に回答が集まり、平均品数は4.4品と、自宅飲みに比べて多いことがわかりました。

また、友人・知人との家飲みでのおつまみはどのようなものか聞いたところ、最多回答は「菓子・珍味」69.9%で、「食事のおかず」53.9%、「スーパーのできあい品」50.9%、「おつまみとして作った一品料理」36.5%が続きました。「宅配・デリバリー・出前食品」の割合は17.3%と6人に1人の割合となり、友人・知人との家飲みで宅配サービスを利用する人も、少なくはないようです。

それでは、友人・知人との家飲みでは、一人あたりいくらくらいお金が掛かっているのでしょうか。
友人・知人と家飲みをする人(705名)にお酒代も含めた税込金額(※2)を聞いたところ、「1,000円」27.7%、「2,000円」36.3%、「3,000円」20.1%と、1,000円~3,000円までに回答が多く集まり、平均額は2,062円でした。
※2 「自宅にあったものを持っていくなどそのときに購入していないものは含めない」として聴取

また、おつまみの調理についても聞きました。
家飲みのおつまみを自分で作る人(646名)に、おつまみを手作りするとき、何を参考にしているか聞いたところ、最も多かったのは「レシピサイト」52.5%で、次いで「料理本・レシピ本」37.2%、「母親・祖母など家の伝統の味」29.9%が続きました。
性年代別にみると、「レシピアプリ」を参考にしているとしたのは、20代女性では3人に1人(34.6%)、30代女性では4人に1人(24.2%)の割合となり、20代、30代男性でも5人に1人(それぞれ19.4%、19.0%)の割合となりました。

さらに、自宅飲みのおつまみを自分で作る人(608名)、友人・知人との家飲みでのおつまみを自分で作る人(434名)に、それぞれの調理時間を聞いたところ、自宅飲みのおつまみの調理時間は平均20.1分、友人・知人と家飲みのおつまみの調理時間は平均34.1分となりました。自宅飲みのおつまみよりも、友人・知人との家飲みでのおつまみのほうが、調理時間は長いようです。


~~ 特別な家飲みでのおつまみ ~~
◆異性も参加するオシャレ家飲みで用意したいおつまみ 「有名店のテイクアウト」4人に1人
◆ダイエット中のオススメおつまみは「豆腐」「サラダ」「こんにゃく」
◆友人との家飲みでの“こだわり”おつまみ 「アヒージョ」や“簡単チーズ料理”

全回答者(1,000名)に、給料日や臨時収入があった日など、贅沢に自宅飲みしたいときに利用したいおつまみを聞いたところ、「宅配・デリバリー・出前食品」26.8%(普段の自宅飲み5.8%)や「デパ地下のできあい品」29.9%(同11.9%)、「有名店のテイクアウト」18.0%(同1.9%)では、普段の自宅飲みで利用している割合と比べ、10ポイント以上高くなりました。
異性も参加するような飲み会など、オシャレに家飲みしたいときに利用したいおつまみでも同様に、「有名店のテイクアウト」25.2%(普段の友人・知人との家飲み3.3%)、「宅配・デリバリー・出前食品」34.3%(同17.3%)、「デパ地下のできあい品」28.5%(同15.3%)が、普段の友人・知人との家飲みで利用している割合と比べ10ポイント以上高くなりました。
特別な時には、普段の家飲みではあまり利用されていないデパ地下食品やデリバリー、有名店のテイクアウトなど、少し贅沢なおつまみで楽しみたいとの気持ちが窺えました。

また、ダイエット中の人にオススメできるおつまみを自由回答形式で聞いたところ、「豆腐・豆腐料理」234件、や「サラダ・野菜スティック等」98件、「こんにゃく・こんにゃく料理」66件、「枝豆」64件、「スルメ」51件が多く挙げられました。他方、「魚肉ソーセージ」や「蒸し鳥(ささみ)」など、高タンパク低カロリーなものを挙げた人も散見されました。

さらに、友人・知人との家飲みでのおつまみで、“こだわりの一品”を自由回答形式で聞いたところ、「カルパッチョ」(20代女性)、「アヒージョ」(40代女性)といった洋風おつまみの他、「ジャガイモの薄切りにチーズとペッパーをまぶしてチンする」(20代男性)や「海苔の上にチーズを乗せチン」(40代女性)といったチーズを使ってできる簡単おつまみなどが挙げられました。


~~ オシャレな家飲みに欠かせないもの ~~
◆オシャレな家飲みに欠かせないもの 1位「お酒に合うおつまみ」、2位「お酒に合うグラス」

おつまみだけでなく、飲む際の雰囲気づくりも、お酒のお供としては大事な要素ではないでしょうか。
全回答者(1,000名)に、オシャレに家飲みするには何が欠かせないと思うか聞いたところ、最多は「お酒に合ったおつまみ」62.5%で、「お酒に合ったグラス」46.6%が続き、「間接照明」13.0%、「カクテルなど自分で作るお酒」12.4%、「ランチョンマットやテーブルクロス」、「スローなBGM(ジャズ・ソウルなど)」ともに12.1%、「季節に合った飾り付け」10.8%が1割台でさらに続きました。家飲みでは色々なお酒が飲まれているようでしたが、それぞれのお酒にマッチしたおつまみやグラスを用意することがオシャレな家飲みの基本のようです。


~~ 友人との家飲み中にしていること・家飲み中のハプニング ~~
◆友人との家飲み中にしていること 「世間話」「仕事の話」「恋愛トーク」
◆家飲み中に「恋バナ」は20代女性の7割強
◆20代男性の5人に1人が「テレビゲーム」をしながら家飲み
◆家飲み中のハプニング 「トイレで眠る」「カップル成立」との回答も

友人・知人との家飲みの様子について聞きました。
友人・知人と家飲みをする人(705名)に、友人・知人との家飲みでは、どのようなことをしているか聞いたところ、「世間話」91.8%が最も多く、次いで「仕事の話」57.2%、「恋愛トーク」36.5%、「スポーツ観戦(TVで)」31.6%、「バラエティ番組視聴」30.1%が続きました。
男女別にみると、「恋愛トーク」は男性26.5%に対し女性では46.3%になり、特に、20代女性では72.4%になりました。また、20代男性では「テレビゲーム」が20.6%と5人に1人の割合となりました。性別や年代によって家飲み時にしていることは異なるようです。

続いて、友人・知人との家飲み中に経験したハプニングを聞いたところ、最も経験者が多かったのは「誰も片付けをせず帰ってしまった」15.3%で、次いで「ホスト宅の家を汚した・壊した」13.8%、「参加者がいつまでも帰らなかった」13.5%が続きました。また、「誰かがトイレで鍵をかけたまま眠ってしまった」6.4%や「ホスト宅の家族が突然参加してきた」3.1%といったお茶目なハプニングを経験した人もいれば、「騒ぎ過ぎて近隣住民から苦情がきた」7.2%、「(暴れる・足元がふらつくなどで)怪我人が出た」2.7%といった、あまり良くないハプニングを経験した人もいるようです。さらに、「カップルができた」3.3%という人もみられ、家飲み中には様々なハプニングが起こっている様子が窺えました。


~~ 家飲みに関する意識、家飲みの“あり・なし” ~~
◆“家飲みはストレス発散になる”6割強、“上司に家飲みに呼ばれたら正直困る”有職者の6割弱
◆記念日家飲みはOK “自分の誕生日”“パートナーとの記念日” ともに8割半が「あり」

全回答者(1,000名)に、家飲みに関していくつか項目を挙げ、そう思うか思わないか聞きました。
同意率(「非常にそう思う」と「ややそう思う」の合計)は、≪本当は、家で飲むより、外で飲みたい≫27.6%や、≪日頃の家飲みでも、1品は高価なおつまみを用意したい≫35.7%では半数以下にとどまり、現在の家飲みに不満を抱いている人は多くはないようです。
≪家飲みは、ストレス発散になっている≫では同意率が62.6%となり、6割強の人が家飲みによってストレスを発散させていることが明らかになりました。
また、≪上司に家飲みに呼ばれたら、正直、困る≫は、有職者の57.8%が同意を示しました。

続いて、全回答者(1,000名)に、記念日の家飲みについて「あり」「なし」を聞いたところ、≪自分の誕生日会で家飲み≫では「あり」87.3%、「なし」12.7%、≪パートナー(恋人や配偶者)との記念日に家飲み≫では「あり」85.8%、「なし」14.2%と、いずれも「あり」が8割台となりました。記念日という特別な日でも、家飲みというスタイルは受け入れられているようです。


~~ 一緒に家飲みしたい有名人 ~~
◆一緒に家飲みしたい有名人 1位「明石家さんま」さん、2位「福山雅治」さん、3位「タモリ」さん

最後に、全回答者(1,000名)に、一緒に家飲みしたいと思う有名人を自由回答形式で聞いたところ、1位は34件で「明石家さんま」さん、2位は僅差の33件で「福山雅治」さん、3位は22件で「タモリ」さんでした。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

家飲みの良い点 家飲みで飲むお酒 自宅飲みでのおつまみ品数

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング