Since1968。時を超えたエレガンス さらに進化を続けるメインバンケット「富士」 タカクラホテル福岡は、創業50周年に向けて人気会場「富士」をこの夏リニューアルオープン致します。<2014年8月30日(土)より提供開始>

@Press / 2014年8月21日 15時45分

[写真(1)]
タカクラホテル福岡(福岡市 代表 高倉照矢)では、3年後の2017年の創業50周年に向けて、ホテルの顔となる人気のメインバンケット「富士」をさらにグレードアップし、よりドラマティックでラグジュアリーな舞台へとリニューアル致します。

詳細ページ → http://bit.ly/1rnpWWP

16年ぶりとなる今回のリニューアル・テーマは、「コンテンポラリー・エレガンス」。中でも最も際立つのは、天井高5.3メートルの優れたポテンシャルを生かして新しく表現された「立体感」。「北イタリアのプチホテル」をエッセンスに、壁面に配された最新セラミックウォールの10本の立体柱が、ヨーロッパの街並を思わせる陰影を作り出し、ブラケットの光と最高級ストラスビーズのスワロフスキー・シャンデリアの煌めきが交差しながら、会場全体に降り注ぎます。[写真(1)(2)]

「富士の雲海」を一面でデザインした最高品質アキスミンスター織の特注絨毯も、空間の立体感をさらに高める効果を与えます。[写真(3)] あわせて、内装のテーマ色を従来のプルシアンブルーから、より華やかでぬくもりのあるシャンパンベージュゴールドに変更し、婚礼・宴会の和洋いずれのスタイルにも、また会議・学術講演会等のビジネス利用にも、あらゆるシーンのコーディネートで柔軟にお応えできるしつらえとなりました。

さらに、施設面だけでなく、音響・映像・照明においても、業界最新機材を導入してグレードアップ。セミナーや学術講演会といったコンベンション利用で必須のプロジェクターは、高輝度7000ルーメンの最新鋭モデルを2基完備。
170インチ大型電動マルチスクリーンを左右で2基搭載し[写真(4)]、同時に間接照明の全LED化を実現しました。最新機材を連動させるデジタル照明システムは、数多くの演出バリエーションを可能にします。

利便性に富んだ都心からのアクセスの良さ、機能性の高い会場規模、トレンドに対応した最新デジタル設備の機動力。
さらに進化を続けるメインバンケット「富士」は、この夏、新たに生まれ変わります。

◆「富士」リニューアル・6つのポイント
  → http://bit.ly/1rnpWWP
1.画期的な最新素材セラミックウォールの「立体柱」が、光と影の交差を立体的に演出。
2.最高品質のアキスミンスター織特注絨毯で、「富士の雲海」を表現。
3.内装テーマ色を、より華やかでぬくもりのある「シャンパンベージュゴールド」に。
4.高輝度7000ルーメンを誇る「最新鋭プロジェクター」を2基、常設設備として完備。
5.「170インチ大型電動マルチスクリーン」を左右で2台新設。
6.間接照明を全てLED化。連動システムで無数に広がる光の演出のバリエーション!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング