不動産投資家向けにARコンテンツ[いえみせ360°]を活用した新しい広告展開で反響率アップを実現

@Press / 2014年8月27日 9時30分

東京都心の主要エリアで投資用マンションの開発・販売、マンション経営サポートサービスを提供するJRD株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:佐藤 満、以下 JRD)は、ARコンテンツを活用した情報提供サービス[いえみせ360°]を使った新しい宣伝広告を実施いたしました。

[いえみせ360°]とは、1シャッターで360°写真が撮れるカメラで撮影した物件の外観や室内、周辺環境などの写真をARコンテンツ化して広告紙面に展開するパッケージサービス(2014年7月提供開始/提供:株式会社ユニバーサル広告社、説明動画: https://www.youtube.com/watch?v=ty3vWwz68RY )です。


JRDでは全国の投資家に向け、東京都心の投資物件を宣伝する広告をいち早く活用しました。今回実施した広告は、全国主要都市で新聞折込みや新聞紙面掲載を展開しました。結果として反響効果は上がり、北海道から沖縄、福岡や大阪からも多数のアクセスがありました。

<広告紙面>
http://www.jrd.co.jp/newspaper.pdf

※JRD 代表 佐藤のコメント
「全国にいらっしゃる投資家の皆さまの多くは、東京都心の投資物件に注目されていますが、ほとんどの方は実際に現地に行って物件を内覧することができません。そこで[いえみせ360°]を使ってチラシ広告をつくり、現地に行かなくても物件を“バーチャル内覧”していただけるように考えました。」


◆今後の動向
JRDは、[いえみせ360°]の特徴の1つ、ARコンテンツ内にGoogle マップへのリンクや不動産会社のホームページへのリンクをはじめ、電話やメールでダイレクトにアクセスできる機能を利用し、第一弾と同様の企画で第二弾の広告制作に取り掛かっています。
お客様が360°写真を見て、物件の詳細な立地や売主の企業情報を確認して、気に入ったらそのまま資料請求や問い合わせができるといった明確な反響動線をつくっていきます。


◆会社概要
企業名: JRD株式会社
住所 : 東京都渋谷区神宮前6-12-20 J6Front7階
代表者: 代表取締役 佐藤 満
URL  : http://www.jrd.co.jp

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング