ベトナム人を雇用する際に日本人が知っておくべき労働法とは 日系他社の事例を交えたセミナーを9月25日(木)にホーチミンで開催

@Press / 2014年9月4日 16時0分

講演のイメージ
ベトナム南部の経済都市ホーチミン市において日系レンタルオフィスを提供するCROSSCOOP VIETNAM(所在地:ベトナム国ホーチミン市、代表:石黒 健太郎)は、JAC Recruitment Vietnam Co., Ltd.(所在地:ベトナム国ホーチミン市、代表:加藤 将司)と共同で、2014年9月25日(木)に日本企業向けのビジネスセミナー「ここだけは押さえておきたい労働法~ベトナム実践編~」をCROSSCOOPホーチミンにて開催することに致しました。

ベトナムには2013年だけでも日本から500件58億7,500万ドルもの投資が行われ(JETROサイトより)、日本企業が続々と進出している国になりますが、一方でベトナム人を雇用する際に注意すべき労働法などは、現地で仕事をしている日本人の方にあまり知られていないのが実情です。

ベトナムでは法律が決定された後に政令が発表され、その後に通達(細則)が発表されますが、その解釈方法が役所によって異なることや、頻繁に法律が変わるベトナムにおいて法改正への対応なども必要になり、人事・労務のご担当者の方はもちろん経営者である日本人も知っておくべき事柄です。

そこで今回、ドウェイン・モリス法律事務所の日本語が流暢に話せるドイツ人弁護士オットー氏をお招きし、「法律にはこう書かれているけど実際どう運用すれば良いのか?」「他の日本の会社はどう対応しているのか?」といった、日本人が気になる疑問点を実例豊富な講師が解説いたします。またJACリクルートメントの人材コンサルタントである泊が本セミナーをナビゲートし、参加者の目線で質問して講師から話を引き出し、参加者が講師と話しやすいような場をご提供します。セミナー中は直接講師に質問できる時間を多く取っておりますので、この機会に解決したい疑問点のある方はぜひご参加ください。


<セミナー概要>
日時    :2014年9月25日(木)16:30~18:00(受付は16:15~)
場所    :クロスコープホーチミン会議室
       VINCOM CENTER B 12A Floor, 72 Le Thanh Ton Street,
       District 1,Ho Chi Minh City, Vietnam
参加費用  :無料
定員    :20名※先着順で定員になり次第、締め切らせていただきます
お申込み方法:下記URLより直接お申込ください。
https://www.miraiz.bz/Seminar/SeminarEntry/seminar_id/354/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング