【オールアバウト、SBIモーゲージ共同調査】 「住宅ローンに関する調査」を発表 ~自分でローンの借り入れ先を探して決めた人は「金融リテラシー」が高い~ ~業者から紹介されて選んだ人は5年先のローン変動について曖昧な認識~

@Press / 2014年9月4日 13時0分

グラフ1、2
総合情報サイト「All About」を運営する株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:江幡 哲也)と、SBIモーゲージ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:直海 知之)は、1都3県在住で3年以内にローンを組んで住宅を購入した30代~50代の男性636名を対象に、住宅ローンに関する調査を共同で実施いたしました。今回は対象者を「自分で探した金融機関でローンを組んだ人」と、「不動産業者等から紹介された金融機関でローンを組んだ人」に分け、両者の傾向を浮き彫りにしました。

【調査結果のポイント】
■自分で住宅ローンの借り入れ先を探して選んだ人は、業者から紹介されて選んだ人よりも“金融リテラシー”が高いことが明らかに

■自分で探して選んだ人のうち、特に30代は「金融機関」だけではなく「住宅購入経験者」や「Web、書籍」等からも情報を収集

■自分で探して選んだ人は「繰り上げ返済ができるかどうか」、「トータルの返済額」等を考慮して借り入れ先を決定し、半数以上が満足していると回答
業者から紹介されて選んだ人のおよそ3人に1人が「業者に勧められたから決めた」と回答

■自分で探して選んだ人の15%が今年4月の消費増税でローンの借り換えを実施
業者から紹介されて選んだ人の約3割が5年後のローンの変動について曖昧な回答

■調査概要
・調査期間   :2014年8月1日(金)
・調査地域   :東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県
・有効回答数  :636件
・調査方法   :インターネットリサーチ
・性・年代   :男性のみ/30代 214名(33.6%)、40代 213名(33.5%)、
         50代 209名(32.9%)
・ローンについて:自分で探した金融機関で借りた人 297名
         不動産業者等から紹介された金融機関で借りた人 339名

【自分で住宅ローンの借り入れ先を探して選んだ人は、業者から紹介されて選んだ人よりも“金融リテラシー”が高いことが明らかに】
1都3県在住で3年以内にローン(自分で探した金融機関/不動産業者等から紹介された金融機関)を組んで住宅を購入した30~50代の男性に対し、毎月の住宅ローンの支払金額について聞いたところ、業者から紹介された金融機関で借りた人よりも自分で金融機関を探した人の方が4ポイント多く「1円単位まで知っている」と回答していました(グラフ1)。
また、現在借りている住宅ローンの金利についても同様に聞いたところ、「小数点以下まで把握している」のは自分で探して選んだ人が42.1%、業者から紹介されて選んだ人は31.9%と約10ポイントも差があることが明らかになりました(グラフ2)。

@Press

トピックスRSS

ランキング