電気自動車に積載可能な急速充電器 EVEX 2014で実演展示 商用EV「e-NV200」で電欠レスキューが本格始動 ~電欠不安をなくして電気自動車の普及に貢献~

@Press / 2014年9月10日 9時30分

EV to EV concept
株式会社マイダス・ラボ(本社:東京都新宿区、代表取締役:河島 真治)は、2014年9月17日から19日に東京ビッグサイトで開催される「EVEX(EV・PHV普及活用技術展)2014」において、10月に発売予定の日産自動車の商用EV「e-NV200」と「リーフ」の2台を展示し、Andromeda Power LLC(所在地:Costa Mesa, CA 92627, USA)の車載型急速充電器ORCA Inceptiveの実演を致します。

株式会社マイダス・ラボ       : http://www.midas.co.jp/
Andromeda Power LLC         : http://www.andromedapower.com/
EVEX(EV・PHV普及活用技術展)2014   : http://www.evex.jp/


【概要 ~最もシンプルな電欠レスキュー~】
電欠時の不安や煩わしさの解消を担う「迅速な電欠レスキュー」は、EVの普及促進にとって、必要不可欠なソリューションです。EV to EV conceptは、レスキュー車の走行用バッテリーをレスキュー給電にそのまま活用することで、従来の大がかりな装備を必要とした電欠レスキュー車と比較して、圧倒的にシンプルで実現性に優れたソリューションです。マイダス・ラボは、このシンプルな電欠レスキューの導入支援を通し、電気自動車の普及に貢献致します。

■EV to EV conceptについて
http://www.midas.co.jp/ev/evtoevcocept.pdf


【電欠レスキューの現状 ~EV to EV conceptの必要性~】
ガソリン車に比べ、1回の充電で走行できる距離が短い電気自動車への電欠の不安は根強いものがあり、それが電気自動車の普及を阻む一つの要因となっています。この不安を払しょくすることが電気自動車の普及に繋がります。
その対策は、充電に困らない充電インフラの整備(充電器の設置を増やすこと)と、電欠しても安心な環境を作ることです。EV to EV Conceptは、この後者にあたる電欠しても安心という側からのアプローチを提案するものです。
ガソリン車のガス欠であれば、その場でガソリンの補給が受けられますが、現在、電気自動車が電欠した場合、レッカー移動に頼るしかありません。EV to EVの充電器を搭載した電欠レスキュー車の普及により、ガソリン車と同じように、電欠してもその場で電力の補充を受けることが可能になります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング