身体障害者の雇用促進プログラムへの取り組みを支援

@Press / 2014年9月19日 14時0分

特定非営利活動法人REACH(所在地:茨城県つくば市、理事長:竹内 圭)は、CompTIA日本支局(本部:米国イリノイ州、日本支局長:Dennis Kwok)、シスコシステムズ合同会社(所在地:東京都港区、代表執行役員社長:平井 康文)と協業し、身体障害者のITに関する職業能力の向上、またこれに伴う雇用機会の拡充への取り組みを始めました。現在この取り組みに対し、企業等から協力・賛同を広く募集しています。


■十分とは言えない障害者雇用・支援の現状
障害者の雇用については、「障害者の雇用の促進等に関する法律(障害者雇用促進法)」(※1)により官公庁や民間企業は一定割合の障害者の雇用が義務付けられています。そういった社会背景により障害者雇用に取り組む企業は年々増加傾向にあるものの、法定雇用率を達成した企業は42.7%に留まっています。
また、障害者の支援については、「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)」により、障害福祉サービスの充実等、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための各種施策が実施されていますが、障害に対する社会的な誤解や偏見は、依然として残っています。


■ITに関する職業能力を高め、身体障害者の雇用創出
障害者雇用・支援問題への解決策として、REACHでは、まず身体障害者が地域において自立した生活が送れるよう、様々な就業機会を創出し、障害者の社会参加推進に寄与していく新しい取り組みを検討していました。この検討の中で、身体障害者のITに関する職業能力を高めるため、REACHはシスコシステムズ合同会社、CompTIA日本支局と協業し、雇用促進プログラムに取り組みます。

具体的には、シスコシステムズ合同会社が提供するシスコネットワーキングアカデミーの支援により、CompTIAが提供する認定資格「CompTIA A+」(※2)に準拠するコンテンツ「IT Essentials」を利用したトレーニングを身体障害者向けに実施します。受講者は最終的に「CompTIA A+」を取得できるプログラムです。これにより、企業の求めるITスキルに則した人材として紹介する機会を増やし、雇用創出につなげます。

この取り組みにはすでに、CompTIA認定資格を人材育成に活用する企業等から協力・賛同を得ております。また、シスコシステムズ合同会社では、このプログラムを通じて「IT Essentials」のコースを修了した人材には、希望に応じてインターンシッププログラムも提供する予定です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング