リンツタブレットの最高峰「エクセレンス」シリーズに4種の新フレーバーが10月3日に登場 リンツ ショコラ カフェで「ダークフェスティバル」も開催

@Press / 2014年9月11日 17時30分

エクセレンス ブランドイメージ
1845年創業、世界120カ国以上で愛されているスイスの歴史あるプレミアムチョコレートブランド Lindt(リンツ)の日本法人リンツ&シュプルングリージャパン株式会社(代表:アンドレ・ツィメルマン、本社:東京都中央区銀座)は、10月3日(金)にリンツのエクセレンスシリーズのタブレットチョコレートに新フレーバー4種を加え、10月3日(金)から10月31日(金)まで「ダークフェスティバル」を開催することをご案内申し上げます。


<リンツのタブレットの最高峰 - エクセレンス>
「エクセレンス」は、その名が示す通り、豊富なバラエティーを誇るリンツのタブレットチョコレートの中でも最高峰に位置付けられるシリーズです。
リンツのメートル・ショコラティエによって厳選された最高品質のカカオ豆と材料を使用し、そのチョコレート作りにかける情熱と卓越した技術をもって生み出される「エクセレンス」シリーズのタブレットは、チョコレートそのもののカカオの香りや味わいを楽しみたい、まさに大人のチョコレートグルメのためのチョコレートです。

「エクセレンス」シリーズは、リンツの歴史の中では比較的新しいシリーズで、1989年に登場しました。
「エクセレンス」は、精錬された高品質のカカオ豆と高度な製造技術から生まれるダークチョコレートで、その力強くエレガントな香り、お口の中にいつまでも残る豊かな味わい、この上なく滑らかなテクスチャー、様々なフレーバーとのマッチング、独特の薄いシェイプ、高級感あふれるパッケージに至るまで、繊細さを増した味覚を持つ現代のチョコレート愛好家をも満足させる逸品です。

中でも、2006年にパリのサロン・ド・ショコラでベストタブレット賞を受賞した「エクセレンス 70%カカオ」を中心とするハイカカオのダークチョコレートのシリーズ(70%、85%、90%、99%)は、カカオ分をパーセンテージ表示したチョコレートの草分けとなった商品であり、カカオの含有量による味わいの変化、カカオが持つ苦味や酸味のバランスの妙を感じさせ、また新たなる味覚体験の旅への扉を開いてくれるチョコレートです。


<新たに登場する4種類のタブレット>
・エクセレンス 90%カカオ
カカオ分が90%のチョコレート、しっかりとしたカカオ感で、やわらかめの酸味、キレのある味わい。85%カカオとわずか5%のカカオ分の違いでありながら、全く異なる表情を持つチョコレートです。
原産国:ドイツ
内容量:100g
価格 :572円(税込)

@Press

トピックスRSS

ランキング