シチズンがスイスの首都ベルンで開催される日本・スイス国交樹立150周年記念 光イベント「TRANJS」に協賛

@Press / 2014年9月11日 18時0分

シチズン時計株式会社(本社:東京都西東京市、代表取締役社長:戸倉 敏夫)は、日本・スイス国交樹立150周年を記念して、スイスの首都ベルンで開催される光のイベント「TRANJS」に協賛し、日本のテクノロジーを紹介するクールジャパン展示の一角において、「光」と「時」をテーマにエコ・ドライブ※1搭載の最新モデルの展示を行います。


シチズンは1930年の創業以来、より多くのお客様により良い時計を身につけていただくため、常に時計の新しい分野への開拓に挑み、時計を作り続けてきました。そして1976年、「光」を電気エネルギーに変えて「時」を刻むエコ・ドライブという独自の技術を開発。地球上どこでも光さえあれば動き続けるこのシステムは、言い換えれば「世界中の市民が平等に使える時計」であり、シチズンの企業精神の本質であるともいえます。「光」を「時」に変え、新しい「未来」を切り開く「TIME×LIGHT×FUTURE」をコンセプトに、エコ・ドライブは現在もなお進化を続けています。

今回シチズンが協賛する光をテーマにしたイベント「TRANJS」は、世界的に活躍される照明デザイナー石井 幹子氏と石井 リーサ 明理氏のプロデュースによるもので、2014年、日本とスイスが国交を樹立してから150周年という記念の年に、日本の素晴らしさをスイスに広く伝える目的でスイスの首都ベルンの街を舞台に、一般の方を対象に行われる唯一の屋外無料イベントとして注目されています。

ベルン市国会議事堂前のベルン最大の公共広場で行われるこのイベントでクローズアップされるのは、日本の誇る「technology」と、それを裏付ける心地よさや「cool」を探求する「philosophy」。スイスと日本が共に歩んできた150年という「時」をテーマに、150年前の日本の文化を紹介する新作ビデオアートを、大型野外映像による世界初のインタラクティブ映像と光のパフォーマンスとして紹介します。また、広場に設置される8つのテントにおいて「時空を超える」という意味の接頭語である「trans」をキーワードに、日本が世界に誇るテクノロジーを紹介するための展示が行われます。

※1 エコ・ドライブ:エコ・ドライブは定期的な電池交換不要の光発電時計で、シチズンの機能ブランドです。時計で初めて「エコマーク商品」に認定されました。

★エコ・ドライブはシチズンホールディングス株式会社の登録商標または商標です。

@Press

トピックスRSS

ランキング