行楽シーズン到来。9月は細菌性食中毒の患者数は梅雨や真夏より多い!水だけの手洗いで大丈夫?! 常温で置いた6時間後のお弁当から、最大200万個/1gの雑菌を検出!

@Press / 2014年9月18日 18時0分

ミューズ ノータッチ泡ハンドソープ キッチン
 レキットベンキーザー・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:ステファン・ガー)の60年以上の歴史を持つ殺菌・消毒で知られる薬用せっけん「ミューズ」では、キッチンで衛生的で快適な手洗いを目指し、自動で泡が出るキッチンハンドソープ「ミューズ ノータッチ泡ハンドソープ キッチン」を2013年9月に発売しました。発売から一年の節目として、近年、9月の細菌性食中毒の患者数が多い傾向が続いていることから、秋の行楽の定番「お弁当」を一般のご家庭でしがちな水だけの手洗いで作り、ハンドソープを使った衛生的な手洗いとの差を検証しました。


【背景】
<秋も食中毒に注意! 過去3年、細菌性食中毒の患者数が9月に多い傾向>
 厚生労働省の「食中毒発生状況」をもとに、秋の食中毒患者数を調べたところ、2011年から2013年の過去3年間、食中毒シーズンといわれる梅雨や夏(4月から8月)より、9月の細菌性食中毒患者数が多い傾向が続いていることがわかりました。9月は夏よりもすごしやすい気候になり、食品を常温で長時間放置しがちになります。しかし、食中毒菌が増殖するには十分な気温で、引き続き注意が必要です。


【検証】
<秋の行楽のお伴「お弁当」を普段の手洗いで作り、ハンドソープを使った手洗いと比較>
 9月は行楽や運動会などお弁当を作る機会が多くなります。また、近年注目されている「キャラ弁」が、愛情こめた手作り弁当として人気を集めています。そこで、主婦206名を対象にキッチンでの手洗い調査を実施。調査の結果、4割弱の主婦が石けんやハンドソープを使わず水洗いだけで済ませており、また、約7割の主婦が10秒以下の簡単な手洗いで済ませていました。(2014年8月 薬用せっけんミューズ調べ)

 この調査を受け、主婦が普段しがちな「水だけの手洗い」で調理したお弁当の雑菌数がどのくらい異なるのか実験を行ったところ、調理直後でも数百個/1gから数千個/1gの雑菌がお弁当から検出され、調理してから6時間後では最大で200万個/1gに雑菌が増殖していました。
 一方、「ハンドソープを使った手洗い」でお弁当を作ったところ、調理直後では雑菌はほとんど検出されず、6時間後は最大1,500個で、普段の水だけの手洗いとハンドソープを使った衛生的な手洗いの差が浮き彫りになりました。

 まだまだ食中毒に対して注意が必要な季節が続きます。調理の前や最中、食事の前には、ハンドソープを使った衛生的なしっかり手洗いを心がけましょう。

@Press

トピックスRSS

ランキング