ハンドソープを使った手洗い比較実験に協力 衛生的な手洗いと不十分な手洗いでは作ったお弁当の雑菌数にどのくらい差があるのかを検証

@Press / 2014年9月19日 16時30分

2つの異なる手洗いで作ったお弁当
『バイ菌・感染症から家族を守る 徹底!手洗いラボ』(事務局:東京都渋谷区、以下 『徹底!手洗いラボ』 http://tearai-lab.com )では、家庭でもできる衛生的な手洗いを推奨しています。その一環として、『薬用せっけんミューズ』を展開しているレキットベンキーザー・ジャパン株式会社が実施した、お弁当を作る際に行う手洗いの仕方によって、お弁当に付着する雑菌数がどのくらい異なるのかを調べる比較実験に協力し、手洗いの仕方など実験方法を監修しました。


<実験概要>
衛生管理のプロ、HACCPコーディネーターで栄養士の若宮 寿子 先生が、汚れやバイ菌を洗い落とすには不十分な「水だけの手洗い」をしながら作ったお弁当と、衛生的な「ハンドソープを使ったしっかり手洗い」をしながら作ったお弁当を実際に作り、作った直後と常温(25℃)で6時間置いたお弁当のおかずの雑菌数を調べました。なお、雑菌の計測は衛生微生物研究センターに依頼しました。

■比較した手洗い
(1) 普段の『水だけの手洗い』
・流水(水道水)のみ
・手洗い時間:3秒~10秒
・手拭き用タオルを使用

(2) 専門家が推奨する衛生的な『ハンドソープを使ったしっかり手洗い』
・ハンドソープを使用
・手洗い時間:30秒+すすぎ(水道水)
・洗いの残しやすいポイントを意識して手を洗う
・タオルや蛇口、ハンドソープなど、手洗い前後に汚れた場所を触らない「ノータッチな手洗い」
 ※ペーパータオルで手を拭く、自動で泡の出るハンドソープを使う、手洗い後に蛇口に直接触れない

手洗い方法監修:東北大学大学院医学系研究科 賀来 満夫 先生
        栄養士/米国(NSF)HACCPコーディネーター 若宮 寿子 先生
調理協力   :若宮 寿子ヘルシークッキングスタジオ

※今回の実験は、調理前・調理中にしっかりと手を洗うことが家庭での衛生管理には重要であることを確認するために行ったものです。特定の食品や調理法の食中毒発生リスクを確認したものではありません。


≪実験結果≫
普段の手洗いで作ったお弁当からは、調理直後に400個から5,300個/1gの雑菌を検出し、6時間後には、最大200万個/1gに増殖!

普段の「水だけの手洗い」をしながら作ったお弁当は、作った直後でも400個から5,300個/1gの雑菌が検出されました。このお弁当を常温(25℃)で6時間置いたところ、最大で200万個の雑菌を検出しました。
一方、衛生的なハンドソープを使った「しっかり手洗い」では、多くのおかずで雑菌が検出限度以下でした。このお弁当を常温(25℃)で6時間置いたところ、200個から1,500個の雑菌を検出しました。

@Press

トピックスRSS

ランキング