自由な設置でハンディレコーディングの常識を覆すWi-Fi接続対応 リニアPCMレコーダー『DR-22WL』、『DR-44WL』を新発売

@Press / 2014年9月25日 10時30分

DR-22WL
ティアック株式会社(本社:東京都多摩市、代表取締役社長:英 裕治)は、Wi-Fi接続対応 リニアPCMレコーダー『DR-22WL』および『DR-44WL』をTASCAM(タスカム)ブランドで全国の楽器店等を通じて販売開始いたします。
また、専用リモートコントロールアプリケーション『TASCAM DR CONTROL』はGoogle PlayおよびApp Storeにて公開いたします。


<Wi-Fi接続対応 リニアPCMレコーダー>
型名    :R-22WL/DR-44WL
希望小売価格:オープンプライス
発売予定日 :10月上旬
URL     :『DR-22WL』 http://tascam.jp/product/dr-22wl/
       『DR-44WL』 http://tascam.jp/product/dr-44wl/

<専用リモートコントロールアプリケーション>
型名    : TASCAM DR CONTROL
希望小売価格: 無料ダウンロード
発売予定日 : 10月上旬
URL     : http://tascam.jp/product/dr_control/


発売以来大変ご好評いただいているリニアPCMレコーダーDRシリーズに、Wi-Fiによるリモートコントロール、再生モニタリング、ファイル転送を実現した次世代モデルが登場しました。さらに進化したオーディオサーキット、すぐに理解できるユーザーインターフェースとともに、ハンディレコーディングの常識を覆します。

ティアックでは、1953年の創業より録音機を製品化し続け、2008年にはリニアPCMレコーダーの1号機となるDR-1を発売、以来先進的な機能を搭載したリニアPCMレコーダーを製品化してまいりました。そして録音の楽しさをさらに広めるためにこの度発売するのが、これまでのリニアPCMレコーダーで提供されていなかった「マイク設置の自由」を実現する新世代のリニアPCMレコーダー『DR-22WL』、『DR-44WL』です。

スマートホンに無償の専用アプリをインストールすることで、遠隔操作、遠隔モニタリングが可能となり、手を触れずに本格的なレコーディングを楽しむことが可能になります。再生、録音などの操作のみならずメーター表示、録音設定の変更などのワイヤレス操作も可能としたことで、手の届かない場所に設置してのレコーディングが可能になりました。音の良い場所を選んでマイクを設置する、「自由なマイキング」という楽しみがハンディレコーディングに加わります。

@Press

トピックスRSS

ランキング