ボッテガ・ヴェネタ 2015年春夏ウィメンズコレクションを発表

@Press / 2014年9月24日 12時30分

LOOK 01
ボッテガ・ヴェネタの2015年春夏ウィメンズコレクションは、身体の動きからインスピレーションを得ています。気取らず、とてもリラックスしたデザインながら、高級感と意外性に満ちた素材使いと構造における洗練されたディテールが、ウェアの完成度をさらに高めています。

カラーパレットはブルー系が多く、中でもディープネイビーとスカイブルーがメインに使われています。また、サンドやペール、ミストやバナーヌ、ペールフラミンゴなど、洗いをかけたような淡い色も使われています。素材は風雨にさらされたような独特の手触りのものが揃い、洗いをかけたカーフスエードや張りのあるリネン、厚手または非常に薄手のニット、デニム、そして今回のコレクションのために特別に作られた両面仕立てのコットンなどを使用しています。一方で、軽く滑らかなビスコースやシルクといった素材や、パリッとした紙のようなコットンポプリンがコントラストを演出しています。

今回のコレクションでは、デニムやシャツの生地といったシンプルで素朴な素材に、スパンコールやキャビアビーズで装飾を施したアイテムを展開しています。また今シーズンは、巧妙に取り入れたメッシュが特に注目すべきポイントとなっています。ファブリックと同じように扱いつつも、ダンサーの衣装のチュチュのような感覚ではなく、レイヤーの一番上にかろうじて目に留まるような形で取り入れることで、体を動かしたときに軽やかさと興味深い奥行きを感じさせるデザインとなっています。

縦長のボディラインと自由な動きを常に意識したシルエットは、上品でリラックスした印象を与えています。丈は床に付く長さのものも含めバラエティに富んでおり、体の動きを妨げません。シンプルなTシャツスタイルやスカート部分にボリュームを持たせたドレスは、スポーツに対する情熱を感じさせます。また、ボディラインにフィットしたニットのカーディガンやゆったりとしたセーラージャケット、大きなポケットが付いたトレンチコートなど、さっと羽織るだけでカジュアルな雰囲気を出せるアイテムが揃っています。

シューズはリラックスしたウェアに合わせ、フラットなタイプがメインとなっています。レザーの細いひもを手で編み込んだ、余分な装飾のないTストラップのフラットシューズが多くのルックの足元を飾っているほか、高さを意識したシルエットにはくびれのあるボビンヒールを合わせています。ジュエリーは小さく、繊細な作りで重さをほとんど感じさせません。アンティーク加工を施したスターリングシルバーにはアクアマリンやクリソプレーズをあしらっています。一方、今シーズンのバッグは驚くほどの柔らかさとオーガニックなフォルムが特徴で、ベースにはスエードを使用、多種多様な素材との組み合わせがアクセントを添えています。

クリエイティブ・ディレクターのトーマス・マイヤーは「今回のコレクションはダンスについて考えていましたが、パフォーマンスとしての側面というより、リハーサルに向かうダンサーをイメージしていました。姿勢の美しい女性が腕を優雅に動かす様子や、ダンサーの歩く様子―そういったものからインスピレーションを得ています」と語っています。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

LOOK 20LOOK 25LOOK 36

@Press

トピックスRSS

ランキング