まぶしさを抑えたやさしい自然光のヨーロピアンLEDデスクライト ドイツ・バルトマン社製 高精度LED照明「TANEO(タネオ)」日本販売開始~ESD安全対策認証により静電気放電保護区域での使用が可能~

@Press / 2014年9月25日 10時0分

LEDデスクライト「TANEO(タネオ)」
革新的な光学技術で駅構内などの大規模施設から一般家庭ユースまでの照明ソリューションを提供し欧米で絶大な信頼と販売数を誇るドイツ・バルトマン社製照明の日本販売代理店である株式会社キャプテンインダストリーズ(本社:東京都江戸川区、代表取締役社長:渡辺 敏)では、革新的なプレミアムマルチチップLED搭載で電子部品やハイテク産業・素材製造会社に設置が義務付けられているEPA(静電気放電保護区域 ※1)で使用可能なESD(静電気放電 ※2)安全対策認証が得られた、LEDデスクライト「TANEO(タネオ)」を2014年9月25日(木)に新発売いたします。
「TANEO(タネオ)」の導入ユーザーからは「蛍光灯と同じく広範囲を明るく照らしてくれ、平均演色評価数Ra90(※3)は数値だけでなく自然光に近い色が再現されとても使いやすい」と評価を受けています。

ESD安全対策認証が付加=“EPA”ESD安全対策マークの付いたLED照明製品は日本初登場となり、当社販売網を活かして工場・研究室など企業等へ販売するほか、一般向けには当社ホームページや流通企業や小売店を通じて販売を行う予定です。

LEDデスクライト「TANEO(タネオ)」
http://www.capind.co.jp/product/waldmann_taneo.php
株式会社キャプテンインダストリーズ
http://www.capind.co.jp/


■開発背景
家庭やオフィスでの照明による電力の消費率は大きく、オフィスでは夏なら24%、冬は33%にもなります(資源エネルギー庁による調査結果)。生活に節電のキーワードが浸透した昨今、対策のひとつとして省エネ度の高い照明器具への需要が高まっています。同時に節電対策として部屋全体ではなく、欧米と同じく周囲照度を落とし明かりが必要な場所や作業(タスク)面など必要な明かりが得られる省エネタイプのLEDライトに人気が集まっています。
また、近年ハイテク機器・素材の製造現場では、微細化や軽薄化が進み製造機器等の静電気耐性が低下。そのため機器の内部・外部などで発生した静電気が製造する機器等の動作に影響を与える懸念が高まっており、ESD安全対策済み照明製品の日本市場への投入が期待されていました。


■LEDデスクライト「TANEO(タネオ)」とは
ESD安全対策基準は静電気を100V以内に抑える必要がありますが「TANEO(タネオ)」は、国際的な静電気関連規格IEC61340(※4)でESD認証、“EPA”ESD安全対策マークを取得しているため、EPAでの使用が最適です。

@Press

トピックスRSS

ランキング