サイレックス・テクノロジー、ワイヤレスデジタルサイネージプレイヤ『X-5HM』を発売 ~中小規模の広告・情報掲示用途に高品質の無線STB機能を提供~

@Press / 2014年9月25日 17時0分

『X-5HM』
サイレックス・テクノロジー株式会社(本社:京都府精華町、代表取締役社長:河野 剛士、以下 サイレックス)は、中小規模の広告・情報掲示用途のデジタルサイネージプレイヤ『X-5HM』(定価:¥59,800)を10月15日に発売します。


サイレックスは既に自社開発のワイヤレスネットワークと画像伝送用途に最適化したJPEG XR圧縮をコア技術とし、映像・音声コンテンツの同期配信機能を特色とするMulticast Distribution System『X-5』を販売しています。新製品の『X-5HM』は、『X-5』に搭載されている映像・音声再生機能(ストア&プレイ機能)を強化し、無線LANを使ったコンテンツ更新や、コンテンツ格納用SDメモリの搭載、また複数コンテンツ表示を可能にする4画面分割やテロップ表示機能を追加しました。拡張したサイネージスケジュール作成・コンテンツ変換ソフト「Media Transporter 2」(無償)と合わせて利用することで、中小規模のデジタルサイネージで必要とされるセットトップボックス機能を廉価で提供します。

<ワイヤレスデジタルサイネージプレイヤ『X-5HM』>
http://www.atpress.ne.jp/releases/51521/img_51521_1.jpg


街中のいたるところで目にするようになったデジタルサイネージ。活用シーンが多様化する中、市場のすそ野が中・小規模のデジタルサイネージに広がっており、今後さらなる成長が期待されています。一方、多くの中小規模のデジタルサイネージには安価なPCやタブレット、セットトップボックスが利用されていますが、動画再生が不安定なことから再起動が必要になったり、故障・修理が多いといったメンテナンス性が課題になることがあります。また、大規模向けデジタルサイネージをはじめ、多くのサイネージシステムでは、クラウドサービスを使った配信システムが前提となるため、導入コストだけではなく、毎月の運用コストが必要なことや、運用する際のソフトウェアが多機能で操作が難しい点が中小規模のデジタルサイネージ普及の阻害要因となっています。

『X-5HM』は、上記の市場課題を解決するために、中小規模のデジタルサイネージ向けに特化した無線LAN対応サイネージプレイヤです。
まず、『X-5HM』はARM9 エンベデッドプロセッサを採用し、実績のあるXシリーズ製品のハードウェア設計プラットフォームを継承することで、デジタルサイネージの配信・受信端末としての安定的稼働を担保しています。その安定性は2008年にリリースされたファミリー製品『X-1』が導入された米国のガソリンスタンドでも実証されています。本製品は、屋外の過酷な環境下に設置されているにもかかわらず、100拠点以上で故障によるメンテナンスが一切なく、50,000時間以上安定的に稼働しています。
さらに、再生用コンテンツデータの記録媒体として、盗難防止カバー付きのmicro SDメモリスロットを搭載しています。コンテンツの定期的な更新も、自社開発の2.4GHz/5GHz対応の802.11a/b/g/n無線LAN機能対応により、容易に自在に対応が可能です。

@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング