育休明けのママが作った親子コミュニケーションツール「ママの魔法のうた」事前予約開始

@Press / 2014年9月26日 11時0分

 株式会社フェイス・ワンダワークス(本社:東京都港区、代表取締役社長:石井 貞之)は、フェイス・グループの日本コロムビア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:原 康晴、証券コード:6791 東証一部、以下:コロムビア)の楽曲提供による、童謡やあそびうたを親子で歌えるスマートフォン音楽アプリ「ママの魔法のうた、以下:本アプリ」を10月リリースに先駆け事前予約を実施中です。


 本アプリは育児休暇明けの現役ママが「子どもと、いっしょに歌ったり、てあそびで楽しくコミュニケーションできるものを作りたい!」という思いで企画開発したものです。そのため、おなじみの童謡やあそびうたをアプリで「てあそび」をしながら親子で歌うといった楽しみ方ができます。
 アプリ内で使用する童謡や「てあそび」の振り付けは、同日にコロムビアから発売されるロングランヒットシリーズのCD「年齢別どうようシリーズ」「年齢別あそびうたシリーズ」リニューアル版に収録されています。
 今後、グループ連携によるネット(アプリ)とリアル(CD)との相互送客をはじめとするO2O展開も計画しております。


■アプリ詳細
アプリ名:ママの魔法のうた
URL   :[公式サイト]  http://mamauta.com
     [予約トップ10] https://yoyaku-top10.jp/u/a/NjY0NQ
     ※アプリの事前予約はアプリ予約サイト
      「予約トップ10」にても行えます。
価格  :無料
対応OS :Android 4.1以降
リリース予定時期:2014年10月


■「ママの魔法のうた」3つのポイント
(1) 本物の楽器によるハイクオリティな楽曲に合わせて歌えます。
(2) 見やすい歌詞表示付き。
(3) 「てあそび」や振り付けが見られます。


■ママの魔法のうた 開発秘話/企画開発担当 因幡 朋子
 育休中、なかなか眠らない子どもに子守歌を歌おうと思ったのですが、まったく自分が子守歌を知らないことに気付き、あわててYouTubeで検索して覚えました。周囲のママ友も子守歌や童謡、あそびうたなど知らず、ネットで検索したりして覚えるか、あきらめて歌わないという状況でした。そんなことがきっかけとなり、「ママの魔法のうた」の企画を思いつきました。
 ママの歌声はいいことだらけなんです。まずは下手でもいいから歌ってほしい。子どもが小さな時期のママの歌声はとっても大切。もっと一緒に歌って、心が豊かな子どもに育って欲しい!と言う願いを込めてアプリを作っています。

@Press

トピックスRSS

ランキング