映画『ガレキとラジオ』上映会受付を再開 映画の上映会を通じた震災風化防止、東北復興支援活動を再稼働

@Press / 2014年9月29日 11時0分

「ガレキとラジオ2014」ロゴ
株式会社ワンダーラボラトリー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:山国 秀幸)は、2014年3月から中止していた自社製作の映画『ガレキとラジオ』の上映会受付を、本日より再開しました。上映会再開にあたり、プロデューサーの山国 秀幸がコメントを発表いたしました。


【『ガレキとラジオ』プロデューサーコメント】
映画『ガレキとラジオ』上映会受付再開のお知らせ

私たちは、この度、映画『ガレキとラジオ』の上映を再開することにしました。

3月5日、新聞より、本作にやらせがあり、そのことで出演者の被災者女性が大変苦しんでおり、映画の上映会が広がることで更なる苦しみを負われているとの報道がありました。報道内容が事実であれば、製作者として謝罪すべきだと判断し謝罪を行い、全国の上映会主催者の皆様には上映中止をお願いし、上映会受付は中止しました。

その後、出演女性が弁護士を通じて新聞社に対して、「やらせではなく、記事そのものが事実に基づかないねつ造」と質問状を送られました。出演女性ご本人に直接お会いし、確認させていただきましたところ、報道内容が真意とは違うこと、映画を大事に思ってくださり、再上映を何より望んでいることなどが分かりました。

また、この映画にご出演くださった「FMみなさん」の元スタッフの方々や、この映画を観ていただいた全国の皆様からは、「このまま上映中止にしてはならない」という声も続々と頂戴し、上映再開について関係者で議論を重ねてまいりました。(詳細は5月1日の発表コメントをご参照ください)
http://www.311movie.com/pdf/re_pdf.pdf

そしてこの度、3月6日以降中止にしていた『ガレキとラジオ』の上映会の受付を再開することにしました。上映再開にあたっては、以下の対応をさせていただきました。

(1) 映画の一部を再編集
出演女性からは、「やらせではないので、このまま上映してください」とのコメントをいただきました。また、「ご本人の意向を尊重して再編集すべきでない」というご意見もいただきました。様々なご意見を受け止め、監督や制作スタッフの意向も考慮しながら検討を続けましたが、「これから映画をご覧になられる方々に、先入観なく観ていただくためには再編集が最良の手段」という結論に至り、報道で「やらせ」とされた出演女性とラジオが関わっている場面を差替えました。なお、該当場面を差替えても映画の本筋には影響ありません。

@Press

トピックスRSS

ランキング